サークル、クラブの参加率を上げる方法

サークル、クラブの参加率を上げる方法

サークル、クラブの参加率を上げる方法

cilclesanka

サークルやクラブを作ったり運営してると参加率の低さに悩まされることがあります。

大学時代から社会人になった現在までで10個サークル入り、現在も意識高い系経営者子息社交クラブに参加してる筆者なりにまとめてみました。

楽しい雰囲気

楽しさが最優先

サークルで一番大事なのは楽しさ。

例えば、テニスサークルでも結局ほとんどの人は「テニスがしたい」と言うよりは「楽しいことがしたい」って気持ちが先にあって、「テニスすれば楽しそう」だと思うからテニスサークルを選んでる場合が大半。

仕事でもないので楽しくなかったら当然参加率も下がる。

皆が会社で働くのは給料がもらえるから。

サークルに来るのは楽しい時間が過ごせるから。

活動には飽きる

サークルの活動内容自体に魅力があったとしても結局みんな飽きてくる。

参加率を上げるためにはサークルの活動内容以外の魅力が必要。

誕生日祝うとか飲み会、ボーリング大会他仲良くなる為の会も大事。

イケメン、美女

サークルの中には面接と称して結局ルックスが選考基準となっているサークルもあるけどある意味合理的。

見た目がいい人が数人いるだけでも楽しい雰囲気風に見えやすくなって参加率も上がる。

成長する雰囲気

「楽しい」ってことをモチベーションにする人もいる一方で「成長」をモチベーションとする意識の高い人たちもいる。

そういう人が多めの場合は遊んでばっかりだと逆に参加率は下がる。

とはいうものの結局サークルには楽しさ求めてくる層の方が断然多いのでそちらは切り捨てた方が参加率はあがる。

また、あくまでも「意識高い系」の場合「人脈=成長」みたいに錯覚してる人達もたくさんいるので「勉強会と称した飲み会」さえ開いてれば会員は維持されたりする。

サークル、クラブの参加率をあげよう

自分が何故、意識高い系経営者子息社交クラブへの参加率が下がってるのか考えてたらこんな記事書いていました。

少しでもサークルやクラブの参加率を上げたい方の参考になれれば幸いです。