トイレの電気代940円抑える方法、他プチ節電

トイレの電気代940円抑える方法、他プチ節電

トイレの電気代940円抑える方法、他プチ節電

トイレの電気代940円抑える方法他、今すぐ家でできる他プチ節電方法をご紹介します。

トイレ電気代940円節約方法

IMG_5003

やり方は簡単。

暖房便座のフタをできるだけ閉めるだけ。

トイレの便座はフタを閉めると熱が逃げるのを抑え、便座の保温効果で電気代が年間940円の節約になります。

また、便座、洗浄水の温度を低めに設定しなおすのも効果的だそう。

冬以外は切ってしまうのもいいです。

冷蔵庫の電気代節約方法

IMG_5002

冷蔵庫は底面にほこりがたまると冷却効率が下がり、電気が無駄になります。

だから、小まめに掃除をすることが電気代節約につながります。

IMG_5001

また、最新の冷蔵庫は10年前の冷蔵庫と比べて消費電力は3分の1と言われていますが気にする必要はありません。

冷蔵庫替える費用で電気代節約した分を大幅に上回ってしまいます。

だから、冷蔵庫は故障か気分転換目的じゃなければ買い替え不要。

エアコンの電気代節約方法

IMG_5004
節約家
エアコンをつけっぱなしにするな!

一方で、

節約家
エアコンは立ち上げるのに電力使うからこまめにつけたり消したりするのは逆に電気代がかかる

という説もある。

どちらが正しいのでしょうか。

正解は後者。

カナショ
エアコンはつけっぱなしの方が安い
  • エアコン5時間つけっぱなしの場合
  • 2時間つけてその後2時間消して再び1時間つける場合

にかかる電気代を比較する実験では「5時間ずっとつけっぱなしにした場合」の方が電気代は安くなったそうです。(14畳の部屋、室内外共に35度、冷房26℃でテスト)

電気代のアンペアを下げるだけで280円節約

電気代は契約のアンペアを1段階下げるだけで280円節約になる。

独身社会人一人暮らしの筆者は昼間いないので一番低いプランで十分。

ちなみに、大体毎月の電気代は1800円くらい。

電気メーターで電気代を可視化

電気メーターを使って電気代が見えるようにすると何にどれだけ電気代がかかるのかがわかるようになり節電しやすいかも。

 

充電は会社で済ませて節約

IMG_5144

充電器を会社に置いておき充電はできるだけ会社で。

会社から出発する時点では100%の状態なので、ポータブル充電器持ち歩く必要もなくなります。

ミニマリスト的?手ぶらで通勤してます

2016.02.08

家のトイレを使わない

トイレも家の外で済ませます。

仕事的に大丈夫であれば勤務中に済ませれば自分の時間の節約にも。

しかも、家のトイレを使わなければ掃除もしなくてよくなります。

電気代節約は不要

カナショ
というわけで電気代プチ節約術実践してみてくださいね〜

って言って記事を終わりにしたかったところですが個人的には電気代の節約は特に気にしていない。

やらないよりはマシだけど今回の記事で紹介したこと全部やったところで年間5000円にもならないし、一番面倒な「アンペアの契約を下げる」を実践しなかったら2000円にもなりません。

電気代を気にするくらいならふるさと納税とか自己アフィリエイトする方がはるかに効率がいい。

ふるさと納税で年間12万円食費節約できた

2016.12.07

10万円稼げた自己アフィリエイトのやり方

2016.02.06

ひとつやれば、年間5000円程度の電気代節約への努力が如何に無駄かがわかるはず。

電気代節約を頑張るのは他で努力しきった後で十分。

この記事が何かの参考になれれば幸いです。