家賃安い物件への引っ越しは節約的には無駄

家賃安い賃貸への引っ越しは節約的には無駄

「家賃は手取りの3分の1まで」というのは有名な話。

今僕はその基準より高め。

将来の自分のためにならない固定費を下げるべく「家賃安い物件への引っ越し」を検討しましたが節約的には無駄でした。

家賃が安い物件への引っ越しを検討

家賃安い賃貸への引っ越しは節約的には無駄

初めての一人暮らし開始の時「家賃は手取りの3分の1まで」というのは知ってたのに勧められるがままに少し高めの物件に住み始めてしまいました。

新築、駅まで徒歩3分、7.6畳、バストイレ別、宅配ボックス付きで月8万円(管理費込)なので家賃相場的には特に高くもない。

けどそこまでいらないからとにかく家賃を下げたい。

家賃を安くしたい理由は賃貸家賃は自分の為にならないから

というのも、自分の購入した家のローンを毎月払うというのなら構わない。

ローンが終わる頃には自分の資産になるから。

でも、賃貸は違う。

賃貸に払うお金は大家さんのマンション建設費+大家さんの利益(大家さんのローン返済資金)を払っている状態。

賃貸は住んでる限り終わりなく払う上に、大家さんの為にしかならない。

一人暮らし社会人の実質的な家賃は引きこもりの倍

また、社会人一人暮らしで家にいるのは平日は夜だけ。

休日含めても24時間中家に滞在するのは寝る時間除くと平均的には1日6時間程度。

なので外で働くタイプの一人暮らし社会人は賃貸家賃の恩恵があまり受けられない為実質的な家賃が引きこもりよりもかなり高め。

家賃安い物件を実際に見学してみた

というわけで実際に不動産屋に行って家賃の安い物件を見学してみました。

  • 家賃を下げるのが目的
  • 同じ最寄り駅で駅から近いことを重視

と伝えると先に悪い物件を見せ最後に同じ家賃の中ではまあまあの物件を見せ、

カナショ
ここは他は同じ条件ですけど少し狭い、こっちは少し古い、やっぱりウォーリー(僕が事前に調べた物件)みたいな家賃でこれだけのところは他にないですよ。決めちゃいましょ!

って営業手法を受けたので、そのまま乗っかって初期費用を見積もってもらいました。

家賃安い物件への引っ越し節約は初期費用で無効化される

家賃安い賃貸への引っ越しは節約的には無駄

初期費用の内訳は以下の通り。

  • 前家賃5万円(1ヶ月分)
  • 敷金5万円
  • 礼金5万円
  • 家財保険料2万円
  • 鍵交換費用1万6千円
  • クリーニング費3万円
  • 保証会社保証料5万円
  • 仲介手数料5.4万円

前家賃はいずれ払う家賃なので抜いて考えても合計27万円。

さらに引越し屋で引っ越し距離1km程度で見積もってみても引越し代は4万円。

物件の初期費用と合わせると合計31万円かかります。

家賃安い賃貸に引っ越し後初期費用回収までの時間

家賃8万円から5万円の賃貸に引っ越せば毎月3万円浮きます。

でも、引っ越し代を含めた初期費用を回収するには

31万円÷3万円=10.3ヶ月かかります。

最低でもその期間は引っ越さないようにしないと赤字だし、住環境は下がります。

しかも、転勤・結婚等何らかの理由でまた引っ越さざるおえないことになればその時にもまた初期費用を払うことになり、

せっかく「住環境を下げて初期費用回収後に貯めたお金」も新たな引越しの初期費用で消えます。

家賃の安い賃貸に引っ越す節約などという無駄な考えは辞めよう

家賃8万円から5万円の賃貸に住み替え、4年経てば、初期費用回収後3万円×38カ月=114万円が節約できます。

でも、それはあくまでも4年経てばの話。

20代の4年って結構変化ある可能性大。

100万円程度の為にそれに縛られるのもつまらないし、地震きた場合のリスクも考えると無駄。

賃貸家賃は毎月支払うのもなので少し違うだけで積み重なってまあまあの金額になるのでこれから一人暮らし始める方はよく考えましょう。

一方、僕みたいに家賃ミスったかもしれない方は無駄な抵抗は辞めて収入増を目指しましょう。

10万円稼げた自己アフィリエイトのやり方

2016.02.06
家賃安い賃貸への引っ越しは節約的には無駄

ABOUTこのブログをかいてる人

ミニマムデザインのモノが好きな神戸の26歳ミニマリスト。
余計なものは断捨離し、自分の好きなモノや事柄に埋め尽くされたスタイリッシュライフを目指している。
ぼっちで好きな場所で稼げるFXとブログが好き。
詳しいプロフィールはこちら