手取り21万円一人暮らしの家計の内訳

手取り21万円一人暮らしの家計の内訳

手取りは21万円一人暮らしの家計の内訳を公開します。

手取り21万円一人暮らしの家計の内訳

手取り21万円の家計内訳
  • 手取り213,000円
  • 家賃80,000円
  • 通信費4,000円
  • 水道光熱費5,000円
  • 食費・交際費74,000円(平日1,500円×22日=33,000円休日5,000円×8日=40,000円)
  • 貯金50,000円

このブログをよく読んでくださっている方は「ふるさと納税しすぎ、もっと収入あるでしょ」と思うかもしれませんが正解。副業もしているためです。

20代のうちは本業手取り21万円分だけでサラリーマン20代並みに生活し、今のうちに資産構築して将来は資産収入、副業収入、本業収入3本で悠々自適に暮らす予定。

手取り21万円の家賃は7万以下が理想

「家賃は手取りの三分の一程度」が目安と言われています。

8万円では微妙に高いのでもう少し家賃が安い物件への引越しも考えましたが、引越しにかかる費用と回収期間を考えると、大変なだけで効果は薄いし、家賃は高めだけど快適なので辞めときました。

家賃安い物件への引っ越しは節約的には無駄

2016.01.24

手取り21万円なら通信費を節約しろ

一人暮らしならスマホも家の通信回線も契約せずに、ポケットwifiのみでも特に不便はなく月4000円以下で済むのでおすすめ。

通信費節約術!年間65000円安くなる方法

2016.01.21

通話はLINEが基本だし、たまに自分から電話かける場合でもLINEの「LINEOUT」を使えば広告見るだけで固定電話には3分まで、携帯には1分まで無料でかけられます。

それ以上の時間かける場合は「ブラステル」というチャージ制のIP電話を使えば1年で500円も使いません。

なので、スマホは無契約でwifiのみで運用可能。

手取り21万円の食費と交際費

友達と遊びがご飯の可能性が高いため交際費=食費と考え、これらに関しては月に5万円貯金するとしても74,000円見積もれます。

実際にはふるさと納税のおかげで自炊にお金がかかることもないし、ぼっちなのでそれほど交際費もかかりません。

手取り21万円なら5万円貯金可能

というわけで、上記の予算で生活していれば手取り21万円なら一人暮らしでも月5万円は貯金可能な感じになると思います。

10万円稼げた自己アフィリエイトのやり方

2016.02.06

手取り21万円で一人暮らしは余裕

手取り21万円なら一人暮らしは余裕。

手取り21万円一人暮らしの家計の内訳

ABOUTこのブログをかいてる人

神戸在住25歳。カリスマを目指し「かっこよくなる方法研究」「サークルに入りまくる」「資格取りまくる」「個人輸出」「株」「FX」「LINEスタンプ作成」「ミニマリスト」「海外ビザ取得」等迷走しまくってる人。 GACKTとまねきケチャが好き。月間5万PV。