超簡単、買い物を楽天カードで楽天市場で買うだけ節約

超簡単、買い物を楽天カードで楽天市場で買うだけ節約

超簡単、買い物を楽天カードで楽天市場で買うだけ節約

今回は誰にでもできる簡単な節約方法をご紹介します。

超簡単。「楽天カードを使って楽天市場で買い物をする」だけ。

楽天カードポイント還元獲得方法

楽天カードは常にポイント還元

楽天カードでは利用金額の1%を常にポイントとして還元してもらえます。

例えば、1000円のものを買えば10ポイント貰えます。

このポイント還元に制限はなく、コンビニであろうとレストランであろうと楽天カードで支払いさえすれば利用額の1%分が貰えます。

楽天市場で買い物するとポイント還元

また、「楽天市場」で買い物すると同じく利用額の1%をポイントが貰えます。

こちらの「楽天市場で買い物することによって貰えるポイント」は楽天市場で買い物さえすれば貰えます。

楽天カード以外の他のカードでも代引きでも楽天市場で買い物すれば貰える。

さらに

のようなキャンペーンもあります。

ポイント両取りも可能

これら2つの「楽天カードで買い物することによって貰えるポイント」と「楽天市場で買い物することによって貰えるポイント」は別々の理由で発生しているポイントなので

「楽天市場で楽天カードを使って買い物」

すればポイントを両取りすることができ、合計2%分のポイントが貰えます。

1000円分の買い物なら20ポイント(20円相当)、10000円なら200ポイント(200円相当)がポイントとして還元されます。

さらにポイントを獲得

また、楽天市場では頻繁にポイント還元率2倍や10倍のキャンペーンが行われます。

10倍キャンペーン中に楽天市場で買いものをし楽天カードで支払うようにすれば11%分のポイントを還元してもらえます。

10000円買えば1100円分がポイントとして貰えて、次回の買い物で使えるので実質的には8900円で買い物できたのと同じことになります。

作るだけでもポイント還元

というかそもそもキャンペーン中の今の場合は、作成するだけでもポイント還元が受けられる。

当然作るのも年会費も無料なので作ってポイントだけもらってその後一切使わないというのであっても得することになるので作らない理由はないはず。↓

ポイント還元は効率の良い節約方法

ポイントはお金

楽天ポイントは1ポイント=1円として使うことができ、今時楽天市場で買えないものはほとんどないのでこの楽天ポイントはほぼお金と同じ。

ふるさと納税の寄付金の支払いにまで使え、しかもそのときにまたポイントが貰えます。

生活費2%節約

なので、

「買えるものはできるだけ楽天市場で楽天カードを使用して買う」

これを心がけていれば実質的には常に最低でも2%割引で買い物ができてるような状態になり、額は小さいですが何かを我慢したりすることなく確実な節約ができます。

楽天ポイント還元活用方法の例

重いものは楽天で買う

例えば、ペットボトルの水の12本ケースとか重いものは買いに行く手間も省けて一石二鳥です。

実店舗では試着だけ

例えば、靴を買う場合なら、靴屋で試着だけしに行ってデザインや自分に合うサイズを確認し、その靴を靴屋では買わずに楽天市場で楽天カード払いで買う。

単純に楽天市場の方が全国の靴屋の価格が比較できるので安い値段で売っていてより節約になる場合も多いです。

固定費からもポイント捻出

楽天カード単体での活用方法ですがすぐできるかなりおすすめの節約方法。

「水道光熱費などの月々の固定費を楽天カードで支払う」

という技。

銀行引き落としもカード払いも、結局そのカードは銀行から落ちるので結果は同じ。

なのに楽天カード引き落としにしておけば放っておいても勝手にポイントが貯まります。

一人暮らし筆者の場合、電気代、ガス代、水道代を合わせて5000円程度と通信費5000円程度の合わせて10000円分を楽天カードで落ちるようにしているので毎月100円分は勝手にポイントが溜まります。

100ポイント程度ですが1年経てば1200円分のポイント、10年で12000円分のポイントになるのでやらないのは勿体ないです。

これだけでもやる価値ありです。

楽天カードの申込はこちらへ

もっと詳しい活用方法も知れると思います。

ABOUTこの記事をかいた人

ドルヲタながら効率よくスタイリッシュに生きるぼっち。大学院を修了していてファイナンシャルプランナーでもある。株、節約、副業を得意とし、資産家を目指している。詳しくはプロフィールにて。