楽天市場と楽天カードを使いこなしかなり節約する方法

楽天市場と楽天カードを使いこなしかなり節約する方法

超簡単、買い物を楽天カードで楽天市場で買うだけ節約

楽天市場と楽天カードを使いこなせばかなり節約できます。

楽天ポイントとは

今やネットショッピングでも街のあちこちでも見かける楽天のポイント。

1ポイント=1円として使うことができます。

楽天ポイントを使う方法

楽天市場での買い物

楽天市場での買い物に使うことができます。

 

街で直接使う

少し前までミスタードーナッツくらいでしか使えなかったのですが、最近リアル店舗でも使える店が増えてきています。

楽天Edyに交換して使う

楽天ポイントは楽天Edyに交換することができます。

交換するにはネット上で申し込んだ後コンビニに行かないといけないので少し面倒ですが、楽天Edyの方が使える店も多いので便利です。

例えば、ほとんどのコンビニで使えます。

楽天ポイントをたくさん貯める方法

楽天カードで常にポイント還元

楽天カードでは利用金額の1%を常にポイントとして還元してもらえます。

例えば、1000円のものを買えば10ポイント貰えます。

銀行からお金を下ろす手間や手数料を節約することもできるし、現金を持ち歩く必要もなくなるので

コンビニやスーパーみたいな少額でも全て楽天カード払いにしましょう。

チリも積もれば山となります。

カード作るだけでもポイント還元

今なら作るだけでも5000ポイントも貰えます。

年会費無料なうえに審査が甘くて学生でも作れるくらいなので今のうちに作っておくのがおすすめ

「年会費無料!新規入会でもれなく楽天スーパーポイントがもらえる」

固定費をカード引き落としにする

毎月払う光熱費や電話代を全て楽天カードからの引き落としにしましょう。

毎月これらの固定費が1万円かかる方なら100円分がポイントとして還元されます。

たった100円でも年間でみれば1200円。

銀行引き落としにしておいて引き落とし日に残高を残すようにするのも、カード引き落とし日にカード残高があるようにするのも手間は同じなので他に何かお得な特典がある場合以外は全てを楽天カード引き落としにしましょう。

楽天市場で買い物

楽天市場で買い物すれば買い物金額の1%分の楽天ポイントが貰えます。(このポイントについては楽天カード以外の決済方法でも貰えます。)

例えば、決済方法が現金払いでも支払い金額が1000円なら10ポイント貰えます。

ただし、それは勿体ないので必ず楽天カードで決済すべきです。

楽天市場で楽天カードを使って買い物

楽天市場での決済方法に楽天カードを使うのがかなりお得。

元々楽天市場での買い物で貰える1%ポイントに追加で3%ポイントが貰えます。

つまり、最低でもポイント還元率が4%になります。

アプリを使い+1%還元率を高める

さらに、楽天アプリから月1回以上買えば貰えるポイントが上記の4%に加えてさらに1%で合計5%になります。

ちなみに月に1回でもアプリから買い物していれば2回目以降はアプリ使わなくてもこの1%上乗せは続きます。

楽天モバイルやゴールドカードでも増えるけど微妙

さらに楽天モバイルユーザーやゴールド・プレミアムカード保持者はそれぞれ1%上乗せされるので最高で7%までポイント還元されるようにできます。

ただし、楽天モバイル自体はそこまでお得じゃないのでわざわざポイント還元を狙って楽天モバイルにするほどではない。

また、楽天ゴールドカードやプレミアムカードではそれぞれ年会費がかかってしまい、ポイントが上乗せされたところでその年会費分を回収できない可能性の方が高いのでノーマルな楽天カードで十分。(楽天ゴールドカードについては年会費たった2160円で空港ラウンジが使えると言う点では魅力的ではある)

キャンペーンを使ってさらに還元する

多すぎて何が何だか分からなくなるけど楽天市場ではポイント還元率が倍増するキャンペーンが頻繁に行われています。

例えば今はこんなのやってます↓

楽天ポイント還元を習慣化する

重いものは楽天で買う

例えば、ペットボトルの水12本ケースとか重いものは買いに行く手間も省けて一石二鳥です。

実店舗では試着だけ

例えば、靴を買う場合なら、靴屋で試着だけしに行ってデザインや自分に合うサイズを確認し、その靴を靴屋では買わずに楽天市場で楽天カード払いで買う。

単純に楽天市場から買った方が方が安い場合が多く、ポイント還元だけでなく値段的にも節約になる場合が多いです。

是非参考にして見てください。楽天カードの申込はこちらへ