ブログが知り合いにばれない為にやってること

ブログが知り合いにばれない為にやってること

ブログが知り合いにばれたくない

kanobo

ブログが知り合いにばれると何かとネタにしにくくなり、尖ったことも書きづらくなる。

例えば、ネットでのウケを狙ってリア充批判的なことを書くときは自分も彼女いないことにして書いた方が共感生みそうだけど、それを彼女に見られたらブログの繁栄を狙って書いたことだという説明が通じないかもしれない。

友達を少しおおげさにネタとして記事にして、それをその友達に見られたら友情崩壊してしまう恐れもある。

今書いてるブログが将来黒歴史となり将来の自分の顔に泥を塗る可能性もある。

だから知り合いにブログがばれたくない。

ブログが知り合いにばれない為にやってること

burobare

日付をずらして書く

例えば、昨日行ってきた場所について次の日に書くと「その日その場所に自分が行っていたことを知っている人」にばれてしまう可能性が高まるので1週間くらいは経ってから書く。

また、リアルで「どこ行ってきたよ~」って話をしたときに相手がその場所をネットで検索してしまい自分ブログが出てきてしまう可能性もある。

ライオン堂っていう御影の立ち飲み屋が安すぎてコスパ良すぎる

2016.06.06

地元にしかない店の記事は意外と簡単に検索上位に行くので危険。

フェイクな情報を入れる

ok76_marukaburi20141221135231_tp_v

野球嫌いなのにたまには野球選手のこと書いたり、本当は坊主頭なのにロン毛の自分らしき写真載せたりしていれば「このブログ知り合いのかも…!」と思った人を捲けます。

普段標準語なのに関西弁で書いたりしてるとばれた時は逆に恥ずかしいし、本当の人格とブログ上での人格がごっちゃになりブログに整合性がなくなってくる可能性を高めます。

SNSをプライベートと分ける

SNSをブログ用に別に作りました。

知り合いの方が拡散してくれる可能性は高いので残念ですが、カナショのSNSのフォロワーには0からネット上で繋がった人しかいません。

ブログやってることを誰にも言わない

ブログやってることを誰にも言わないというのは一つめの強力な防壁。

知り合いにブログやってることがばれたら自分に当てはまるキーワードで探されてばれる可能性は高まります。

固有名詞は使わない

固有名詞使ったブログはバレやすい。

例えば、この記事でも本当は「意識高い系経営者子息社交クラブ」じゃなくて「〇〇クラブ」って具体的に書きたいけど固有名詞出すと万が一検索されたり関係者が見てるとすぐにばれてしまうので非常によくわからない表現になってしまっています。

サークル、クラブの参加率を上げる方法

2016.03.10

ニッチなジャンルを書きすぎない

例えば、「ラケットボール」っていうスポーツがあるのですが聞いたことある方は少ないと思います。

競技人口も少なく狭い世界なのでもし「ラケットボール」についてばっかり書いて「ラケットボール」でのSEOが強いブログになってしまったら

狭い世界の知り合いだけをピンポイントに狙って「ブログバレるのを目指してる」ような行為となってしまいます。

そのためあまりニッチすぎることを掘り下げるのはバレないためには危険なこと。

アクセスを集めたいブロガーとしての気持ちとは逆行するのが苦しいところ。

ブログは意外とバレない

tsu_kakurenbo_tp_v

とはいえ「世の中ブログ読む人ばかりじゃない」のでブログは多分意外とばれない。

ブログというと芸能人を思い浮かべる人の方が多分多く、20代友達も50代先輩も大学生彼女も「イケダハヤト」知りませんでした。

それでもやっぱり、ブログばれたら続けにくくなるのでできる限りのことは気をつけながらブログ続けていきたい。

この記事が何かの参考になれれば幸いです。