スタイリッシュぼっち

生活、生きる業、アイドル、株他いろいろでてくるブログメディア

エスカレーター式学校のメリットデメリット、行くのは損?得?

      2016/11/09

エスカレーター式学校のメリットデメリット、行くのは損?得?

エスカレーター式学校のメリットデメリット、行くのは損?得?

スポンサーリンク

エスカレーター式学校のメリットデメリット、行くのは損?得?

esukareta

筆者、小学校から大学までエスカレーター式の学校に通っていました。

A
エスカレーター式の学校に行くことは得?それとも損?

これからエスカレーター式の学校にお子様を入れようとしている方、受験するか迷っている方は是非読んでみてください。

実際に通って感じたエスカレーター式学校のメリットとデメリット

pak85_minnashitamukiesk20150107071348_tp_v

エスカレーター式、実際に通って感じるメリットデメリットを挙げておきます。

メリット

  • 進学の心配がない
  • 個性を伸ばせる環境
  • 強い仲間意識
  • 有力な友達
進学の心配がない

150415092468_tp_v

ゆるい環境にダレてしまって余裕なはずのテストすらクリアできずに進学できない人もまあまあいます。

が、普通にしてれば余裕で大学まで行けます。親も安心。

普通の内部生
大学受験って大変なの?
個性を伸ばせる環境

勉強面の心配がそこまでないのでスポーツや音楽に集中でき、特技が伸ばせます。

野球選手目指すなら野球が強い学校みたいなのがあまりないような分野ではエスカレータ式意外と有利そう。

強い仲間意識

大学以降も友達できたはずなのに、社会人になっても交流あるのは小中高の友達。

他の内部生達のSNSにあがる写真も内部生だらけの写真。

在学中は

カナショ
同じ人たち(内部生)といつも固まってるの嫌

と思ってましたが、長年同じ空気で過ごしてきたせいかやはり居心地がいい。

中学入ったら小学校の時の、大学入ったら中高時代の先輩がまたいるし、後輩も入ってくるから縦にもつながり強め。

有力な友達

カナショの通っていたエスカレータ式、世界レベルの企業の創業者の孫や息子もいました。

カナショ
もっと仲良くしとけばよかった…笑

有名な企業と同じ名字の人がいたらやはり…!ってことは普通にある。

学費が高いからか幼稚園、小学校からエスカレーター式の学校に通っているのは経営者の子供が多い。

通っている間は気にしてなかったけど後継者って立ち位置の悩みをお互いに相談しあえる友達がいることが今の自分にとってはエスカレータ式学校に通っていた一番のメリットのような気がしています。

デメリット

  • 学級崩壊
  • 受験には向かない
  • 学費が高い
  • 友達が少ない
  • 留年率が高い
  • 給食がない
学級崩壊

150415532410_tp_v

特に中2~高1あたり学級崩壊する。

半分は授業聞いてない。若いエネルギーの放出先として舐められてる先生を皆で攻撃します。

そして、先生が泣く。

怒っても怒ってるの見て生徒が笑う状況。

受験には向かない

学級崩壊の中でも勉強頑張って他大学を目指す子もいますが、学校は基本内部進学向けの易しめの授業、受験しない人ばかりの空気。

なので塾に通って頑張ることになります。意識高い系には辛い環境。

学費が高い

エスカレーター式は当然私立なので学費が高い。

あるエスカレータ式幼稚園の学費2年で274万

keiougakuhi

あるエスカレータ式小学校の学費406万

keiougakuhi

あるエスカレータ式中学校の学費365万

keiougakuhi

あるエスカレータ式高校学費305万

keiougakuhi

学費だけでも高校までで1350万円。

さらに、小学校から高校まで制服あるのでここに制服代とか教科書代とかが入ってきます。

給食もないのでお弁当代、学食代も。

エスカレーター式の大学は私立なので私立大、大学院の学費もかかる。

例えば、幼稚園、普通の収入では難しい。

30代前半男性平均年収は438万、手取りは360万、家に120万使うとして残り240万。

そこから初年度は150万払って残り90万。月7万5千円で家族3人(一人っ子でも)で暮らすことになる。

節約すれば大丈夫かも…と思うが、実際エスカレータ式幼稚園にそんな人いない。

カナショ
よく親は払ってくれた。それに見合うだけ恩返ししたい。でも、将来自分の子供を幼稚園からエスカレーター式に入れられる自信は…
友達が少ない

ook86_kianubocchi20150112162321_tp_v

普通は小中学校のときの友達、高校の友達、大学の友達とそれぞれいるそうですが、幼稚園からエスカレーター式で進学したらそれがありません。

私立なので住んでる位置もバラバラなので家が隣の幼馴染とかは漫画の世界。

大学は人数多いので友達増えましたが小中高は全部同じ友達。

狭い世界なので人間関係が上手くいかないと辛い。

留年率が高い

大学入ってから勉強する習慣がついてない癖が抜けきらず内部生のまあまあの割合が留年します。

カナショの学年も4割は大学留年。

カナショ
院生なってからも大学院進んでいないけどまだ大学にいる内部生達とよくお昼ごはんを食べてた
給食がない

私立は給食もないので親は毎朝お弁当づくりが大変。

買ったのを持たせるのも禁止されていたり何かと面倒。

カナショ
給食食べたことないから給食懐かしいトークに入れない

っていうのも小さなデメリットかも。

エスカレーター式は得か?損か?

pak75_houkagonorikashitu20140102_tp_v

通ってきたものとしては

カナショ
エスカレーター式お得!入るべき、入れるべき!」

と言いたいところですが、大人になって学費知ってしまうと幼稚園や小学校から通うのを「得だよ!」っては言いきれない。

中学か高校くらいから入る方が大学もエスカレーターで行けるし本人と親の安心感と学費のバランス的にお得な気がします。

中学受験か高校受験の大変さがどれほどのものなのかは知らない立場からの発言ですが。

エスカレーター式入れるなら高校からがベスト

カナショはエスカレーター式学校に行くなら(入れるなら)高校からが得との見方。

親も幼稚園からに比べれば学費が安くて済む、本人も小学校中学校の友達もできる。

一応、高校受験だけは経験しておいて大学は受験せずに入れる。

また、高校からであれば中学3年生とは言ってもある程度本人の意思もありきでの決定ができるため将来を考える良い機会になると思います。

カナショ
幼稚園から大学までただなんとなく進んだだけの大人

エスカレーター式小学校からが得という見方もできる

もし自営業の方で子供を将来後継者にしようと考えている場合は幼稚園、小学校からエスカレーター式に通わせるのはあり。

メリットのところにも書きましたが、周りに似たような環境の人がいるということが社会人になってから今の筆者にはとても心強いです。

中学高校よりさらに仲間意識強い雰囲気もある。

エスカレーター式学校は通ってる間より卒業してからエスカレーター式でよかったなあと思う部分が多い。

エスカレーター式入る?入れる?

この記事がエスカレーター式学校に入るか、入れるか悩んでいる方の参考になれれば幸いです。

 - 支出, 雑談