スタイリッシュぼっち

生活、生きる業、アイドル、株他いろいろでてくるブログメディア

財形貯蓄は必要か?有効か?判断基準

      2016/11/12

財形貯蓄は必要か?有効か?判断基準

財形貯蓄は必要か?有効か?判断基準

スポンサーリンク

財形貯蓄は必要か?有効か?判断基準

yuka150701038569_tp_v

財形貯蓄は必要?有効?損するの?得なの?使う場合の判断基準等書いておきます。

カナショ
たまにはファイナンシャルプランナーらしく

財形貯蓄とは?

財形貯蓄は「財形」ともよばれており、会社が先に貯金分を天引きしてから給料を渡してくれる制度。

財形貯蓄制度によって会社が勝手に貯金してくれるので自分は何も考えずに手元のお金を使ってしまっていても毎月自然と貯金ができます。

財形貯蓄制度があるか確認しましょう

pasona_3_tp_v

財形が利用できるのは勤務先に財形貯蓄制度のある会社員、公務員、契約社員、パートの人。

まずは、勤め先の会社に財形貯蓄制度があるのかどうかを確認してみましょう。

申し込みも会社に行います。

財形貯蓄は3種類

財形貯蓄には

  • 住宅(財形住宅貯蓄)
  • 年金(財形年金貯蓄)
  • 一般(一般財形貯蓄)

の3種類がある。

同じ財形貯蓄なのですが、貯金の目的に応じて分類されています。

どれを使うかによって微妙に損得が出てくるので適当に決めてはいけません。

財形貯蓄のメリット、デメリット

“Aさん”
財形貯蓄なんて使わなくても普通に銀行に貯金すればいいじゃん

と思う方のためにメリットとデメリットを挙げておきます。

財形貯蓄のメリット

確実な貯金

給料から天引きなので使ってしまう恐れがなく、自分に甘くても確実に貯金ができる。

利息非課税

財形住宅貯蓄と財形年金貯蓄は、2つ分を合計して元利550万円までは利息が非課税。

普通に銀行に預金すると利息の20%が税金としてとられてしまいます。

利息0.1%の銀行に100,000円1年間預けていれば100円貰えるますが、そのうち20円は税金として持っていかれて80円になってしまいます。

財形住宅貯蓄と財形年金貯蓄にはこれがない。

一方、一般財形貯蓄では普通に銀行に預金するのと同じく20%とられてしまいます。

融資が受けやすい

財形貯蓄を1年以上続けていて、残高が50万円以上あれば「財形住宅融資」が受けられます。

財形住宅融資は残高の10倍まで住宅取得に必要な資金の融資を受けられる制度。

融資の上限は4000万円、住宅取得費用の80%までという制限はありますが将来的に住宅を購入する予定があるのであれ有効活用できるであろう選択肢のひとつ。

ちなみに

間違い
住宅融資だから財形住宅貯蓄じゃないとダメ

と間違われがちですが、「財形住宅融資」を受けるには「財形貯蓄」さえ利用していればよく、財形住宅貯蓄に限らず、財形年金貯蓄や一般財形貯蓄であってもかまいません。

財形貯蓄のデメリット

saya072155940_tp_v

貯金の使い道が制限される

財形住宅貯蓄と財形年金貯蓄では、それぞれの目的以外の目的で引きだすと5年にさかのぼって利息に20%の税金がかかってしまいます。

一方、一般財形貯蓄は1年経てばいつでも引き出すことができます。

また、このことから財形住宅貯蓄から一般財形貯蓄に変更するなど他の財形貯蓄に途中で変更することはできません。

財形貯蓄は必要か?有効か?金利は損?得!?

財形貯蓄が得な人

住宅を買うことが確実で財形住宅融資制度を利用する人。

財形住宅融資の金利は28年1月現在で0.90%。

詳細は住宅金融支援機構の財形住宅融資のところに載っています。

住宅を買うことが確実なのであれば目的も決まっているので財形住宅貯蓄を選びましょう。

一方、財形住宅融資を利用するつもりがないのであればあまり有効な貯金手段とは言えません。

財形貯蓄の金利は微妙

財形貯蓄のメリットは利息20%がとられないことだが、そもそも利息自体が低い。

例えば、みずほ銀行の財形貯蓄の場合

zaikeimizuho

財形住宅か一般財形で10年間の定期型にすれば0.1%ありますが、それ以外では0.03%、財形年金に関しては0.04パーセントしかない。

ネット銀行などに比べるとこの利息は低め。

例えば、楽天銀行なら6カ月の定期預金でも財形貯蓄の10年定期と同じ利息0.1%。

超簡単、買い物を楽天カードで楽天市場で買うだけ節約のような手法も合わせて使うこともできる。

新生銀行の2週間定期預金も財形の10年定期と同じ0.1%利息。

zaikeishinsei

財形貯蓄の10年定期であれば利息分が使えるようになるのは10年後になってしまいますが、新生銀行の2週間定期であれば利息は2週間後に使える状態になります。

財形貯蓄を使うかどうかの判断基準

以上、財形貯蓄を使うかどうかの判断基準は財形住宅融資を使って住宅を買うかどうか。

利息は様々といえど財形住宅融資に限らず、他にも住宅購入時の融資を受けられる方法はあります。

単純に定期預金として利用するのはお得とは言えない。

先に挙げた新生銀行や楽天銀行の方が利息高いし、満期も早くて、自由に引き出せる。

とりあえず財形貯蓄

とは言え、利息は低いけど一応「財形住宅融資」受けられるように1万円程度財形住宅貯蓄しておくっていうのも一つの手。

財形貯蓄は得とは言えない

財形貯蓄は不要というのが個人的意見。

財形貯蓄使うくらいなら金利高いネット銀行に預ける。

この記事が何かの参考になれれば幸いです。

 - 支出, 貯金