20代一人暮らしの平均貯金額と目標貯金額、貯金に真剣な人は少ない

20代一人暮らしの平均貯金額と目標貯金額、貯金に真剣な人は少ない

20代一人暮らしの平均貯金額

20代一人暮らしの平均的な貯金額が結局いくらなのかわからないので多少信用度高そうなデータを探してきました。

2割は貯金ゼロ

家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査] 平成28年調査結果によると20代ではそもそも貯金ゼロの人たちも2割くらいいます。

内訳的には口座自体持ってない人11.1%、口座は保有しているが現在残高はない人が11.3%です。

ちなみに、20代より上の世代でも単身だと貯金なんてしない人も2~3割はいるようです。(またはできないのかもしれないけど)

貯金ある人だけでみた20代一人暮らしの平均貯金額

こちらは金融資産保有世帯の20代の貯金額(金融資産保有額)のデータ。

つまり、先ほどの貯金ゼロだった人たちを省いた場合のデータで、これだと平均287万円、中央値は158万円となっています。

2000万円~3000万円未満の人0.4%、3000万円以上の人0.4%もいるのでこういう人たちが一気に平均を引き上げてるので中央値の方が現実に近いはず。

20代一人暮らしの全体での平均貯金額

一方、金融資産なんてそもそも持ってないという人を含めたバージョンの金融資産を保有していない世帯を含む20代の貯金額(金融資産保有額)のデータはこちら。

平均116万円、中央値は0。

個人的には中央値0っていうのは意外だが、

  • 僕より倍くらい収入の高い友達がベンツ乗ってても貯金はゼロって言ってた
  • まだ就職してない人もいる

ことを考えれば意外とこれくらいなのかもしれません。

20代の目標貯金額

ついでに金融資産目標残高を見てみると平均は1930万円、中央値は500万円でした。

理想だけは高いな…と言うことでその理由も見てみた。

貯金する理由

  • 1位「特に目的はないが、金融資産を有していれば安心」42.5%
  • 2位「病気や不時の災害」36.5%
  • 3位「旅行、レジャーの資金」24.9%

1位のは2位とも被ると考えるとみんなが貯金している理由の半分以上が「なんとなくお金を持つことで安心したい」から。

そして、それは目標としては明確度にかけるため結局そんなに貯金しない人が多い。

そして、そう言った人たちの未来を、先ほどの平均貯金額の表の30代、40代、等上の世代の数字が表しています。

貯金に真剣な人は少ない

SNS見てると毎週のように買い物してたり、ライブとかホテルの食事にもしょっちゅう行ってる人がいて、

結構みんなお金あるんだな…自分はなんてつまらない20代なのだろうか…

って思ってたけど多分そういう人たちは「資産が生む資産の有利さを考えれば20代時点では貯金してる方が最後は有利」ということに気づいていない人たち。

筆者はこのデータからするとかなり貯金できてる方でした。

この記事読んでくださった貯金頑張ってる皆さんも今は地味でも将来には明るい未来が待っているはずなので貯金がんばりましょう。

ABOUTこのブログをかいてる人

神戸在住25歳。カリスマを目指し「かっこよくなる方法研究」「サークルに入りまくる」「資格取りまくる」「個人輸出」「株」「FX」「LINEスタンプ作成」「ミニマリスト」「海外ビザ取得」等迷走しまくってる人。 GACKTとまねきケチャが好き。月間5万PV。