マレーシアの空港カプセルホテルでシャワーだけ浴びる方法と料金

Capsule By Container Hotelのシャワールーム

マレーシアのクアラルンプール国際空港のカプセルホテルはシャワーを浴びるためだけでも利用できます。

実際にシャワーのみ利用してみたので利用の流れや料金についてまとめておきます。

クアラルンプール国際空港のカプセルホテル

クアラルンプール国際空港のKILA2(LCC用ターミナル)には「Capsule By Container Hotel」というカプセルホテルがあります。

客室(カプセル)は120室あり、KILA2ターミナルとともに2014年にできたので新しくて綺麗です。

クアラルンプール国際空港内のCapsule By Container Hotelの場所

Capsule By Container Hotelの場所はKILA2の1階のバス乗り場から入ってすぐ左に進んだところ。

Capsule By Container Hotelの場所

「CAPSULE」って案内があります。

Capsule By Container Hotelの場所

地図的にはこの位置です。

Capsule By Container Hotel空港内の位置

カプセルホテルのシャワーのみを利用する方法

まずは受付をします。

マレーシアの空港のカプセルホテルはシャワーのみ利用も可能

Capsule By Container Hotelの料金

部屋の利用時間ごとに料金が変わります。

シングルサイズ

  • 6時間:80リンギット(約2000円)
  • 9時間:100リンギット(約2500円)
  • 12時間:110リンギット(約2750円)

クイーンサイズ

  • 6時間:160リンギット(約4000円)
  • 9時間:200リンギット(約5000円)
  • 12時間:220リンギット(約5500円)

宿泊せず、荷物預けるだけの場合のロッカーレンタル代

  • 3時間:15リンギット(約375円)
  • 6時間:20リンギット(約500円)
  • 12時間:30リンギット(約750円)
  • 24時間:40リンギット(約1000円)

宿泊せず、シャワーのみ利用の場合のシャワー代(ロッカー、バスタオル、歯磨き、水代込み)

  • 25リンギット(約625円)
Capsule By Container Hotel料金表

クアラルンプール国際空港カプセルホテルでシャワーを浴びる流れ

バスタオルと水付き

受付でお金を払うとバスタオル、水、歯ブラシ、ロッカーの鍵を渡してもらえます。

デザインがかっこいい。

Capsule By Container Hotelシャワー利用方法

ロッカーに荷物を預ける

Capsule By Container Hotelシャワー利用方法

まずは受付の真後ろにあるロッカーに荷物を預けます。

ロッカーはトランクも入るくらい大きめです。

宿泊で自分の部屋(カプセル)がある場合と違い、シャワーのみの利用の場合はこの後、特に荷物を置けるところはないので貴重品と着替え以外は預けておきましょう。

シャワールームでシャワーを浴びる

靴を脱いでこの細い道を進みます。

Capsule By Container Hotelシャワー利用

するとシャワールーム兼トイレがあります。

シャワールームの様子

トイレとシャワールームが一緒になっていて手前3つがシャワーで奥がトイレです。

Capsule By Container Hotelのシャワールーム

洗面台にはドライヤーもついています。

Capsule By Container Hotelにはドライヤーもある

奥のトイレはこんな感じで割と綺麗。

Capsule By Container Hotelシャワールームにはトイレも併設

シャワールームの内面はこのようになっています。

Capsule By Container Hotelシャワールーム内面

ドアを閉めるとフックがあるのでシャワーのみの場合はここに貴重品と着替えを入れた袋を引っ掛けてシャワーします。

Capsule By Container Hotelシャワールーム内面

僕が利用したのは18:00頃で誰もいなかったので綺麗で、ゆっくりできましたが、宿泊客が利用しだす時間になったらシャワールーム3つだけなので状況は変わってくると思われます。

シャワー終了後

着替えてロッカーから荷物を出し、バスタオルを返してホテルを去ります。

カプセルホテルの他の部分の様子

ちなみに実際の客室まではいけませんでしたが、受付横の見本によるとこんな感じ。

折りたたみ式テーブル、ハンガー、読書灯、電話、コンセント、エアコンがついています。

カプセルホテルの構造

また、Capsule By Container Hotel内には本を読めるスペースもあります。

Capsule By Container Hotel内の本読めるスペース Capsule By Container Hotel内の本読めるスペース

クアラルンプール国際空港はカプセルホテル以外でもシャワー浴びられる

ちなみにこの「Capsule By Container Hotel」でなくてもクアラルンプール国際空港内の普通のトイレにもシャワールームがあるトイレもありました。

ただ、かなり汚いし、バスタオルも自分で持って行って濡れたバスタオルを持って帰ることになるので25リンギット程度なら「Capsule By Container Hotel」のシャワーのみ利用の方が断然快適。

Capsule By Container Hotelのシャワールーム

ABOUTこのブログをかいてる人

神戸在住25歳。カリスマを目指し「かっこよくなる方法研究」「サークルに入りまくる」「資格取りまくる」「個人輸出」「株」「FX」「LINEスタンプ作成」「ミニマリスト」「海外ビザ取得」等迷走しまくってる人。 GACKTとまねきケチャが好き。月間5万PV。