スタイリッシュぼっち

生活、生きる業、アイドル、株他いろいろでてくるブログメディア

カタログギフトのお得な選択の仕方

      2016/10/24

カタログギフトのお得な選択の仕方

カタログギフトのお得な選択の仕方

スポンサーリンク

カタログギフトのお得な選択の仕方

カタログギフトでは何を貰うのがお得な選択なのでしょうか?

友人の結婚式の引き出物にカタログギフトが入っていました。
IMG_4974

選べるものが多すぎて迷ってしまうカタログギフト。

そこで、何を貰うのがお得なのか比較してみました。

巻頭商品はお得

結論から言うと「巻頭商品がお得」です。

「カタログギフトに載っているほとんどのものはカタログギフト自体の値段より安い」

のですが、巻頭商品には

「カタログギフトの値段以上」

のお得な選択肢があります。

それでは、以下調査結果です。

財布は割とお得な選択

IMG_4977

財布なら値段も調べやすそうだと思い、お得な選択の予感はしませんが調べてみました。

一番上に載ってるバレンチノクリスティの長財布、聞いたことない名前の割には3335円。

真ん中のメゾン ドゥ ファミーユの小銭入れは2301円。安い。

真ん中右手のミチコロンドンの名刺入れ。3240円。

一番下のペスカロロは3240円。

財布は毎日使うのでわざわざカタログギフトから選ばないで好きなの買うべき。

とはいうもののひとまず財布類は大体3000円くらいと分かりました。

このカタログギフトのなかでは値段的にはお得な選択。

時計はお得な選択ではない

IMG_4983
時計はお得ではありません。

シチズン腕時計FREEWAY 2138円。シチズンならある程度するかと思ったらこんなに安い。

時計に関しては他のも2000円くらい。時計も財布と同じく気に入ったのを買うべき。

カタログギフトの冠商品は断然お得な選択

IMG_4978

カタログギフトには巻頭で紹介している商品があります。

このカタログギフトではLUSHの石鹸のセットが載っています。

上のカタログギフト限定商品なので売っていないため、価格の比較がしづらいものですが、100gの石鹸が5つ入っているこのセットと同じ100gの石鹸の1個の値段が1037円。

他の4つの石鹸も同じくらいの値段。

1000円くらいのものが5つ入っているので5000円相当。

これはお得な選択といえます。

下のLUSHオールザベストセットは4547円。このカタログギフトの中では間違いなくお得な選択。

カタログギフトの旅行という選択は無し

IMG_4979

カタログギフトには旅行がついてる場合がありますが、何が含まれてるのかに注意が必要です。

このカタログギフトの温泉の場合は入ってるのは日帰りで有馬温泉駅からの送迎と入浴料のみ。

いざ行くとなったら有馬温泉駅までは自費で行くお金がかかる。

駅からの送迎も意外と不要、温泉行ったら温泉街歩くのも観光の一部です。

この選択はお得じゃない。

行き帰りまでついてるような旅行が含まれてるカタログギフトは相当高級なカタログギフト。

明らかに損するもの

IMG_4988

IMG_4980

調べるまでもなく損、だし要らない…。

キッチン用品はお得な選択なのか

IMG_4986

キッチン用品はお得な選択なのでしょうか?

ミッキー&ミニー電気ケトル 2149円。意外と安い。

最近話題のベッキーのこんなものも。

IMG_4976

べき子の台所片手鍋16cm 1942円じゃ全然お得な選択とは言えない。ほかのやつを選ぶべき子さん。

ブランド食器はカタログギフトでは普通の選択

IMG_4987

ジバンシィ サフィール ペアコーヒーセット 2461円。

カップにしては高いけどカタログギフトの中ではお得とはいえない。

ついでに、コーヒーを調べてみると

IMG_4992

AGF&ドトールバラエティギフト 1485円。

お得じゃない。

カタログギフトの食べ物

IMG_4993

IMG_4994

ふるさと納税の時代に米2kgだけとか肉250gとか貰っても全然お得な感じしない。

北海道ななつぼしは買うと「2kgで1000円」くらいです。

カタログギフト自体はお得

散々調べてきましたがそもそもこの「カタログギフト」はお得なのでしょうか。

結婚式で貰っておいて値段調べるのも気が引けましたが、今回のカタログギフトは3600円のマリールというカタログギフト。

カタログギフト

カタログギフト
価格:3,188円(税込、送料別)

2000円くらいの損するものだらけですが、巻頭のLUSHの石鹸セットは5000円程度なので得できます。

損する人が大半になるのでバランス取れるのでしょう。

「お得な選択ができればカタログギフト代以上のものがもらえることがある」ということがわかりました。

カタログギフトは巻頭商品から選ぼう

カタログギフトでお得なのは巻頭商品。

IMG_4975

このように巻頭でブランドが紹介されているものからチェックしましょう。

今回紹介しなかったキッチン用品やカバン、アクセサリーも高くて3000円、安いものは900円程度でした。

あくまでも値段でお得な選択がしたければ巻頭商品が有利です。

 - 生活, 雑談