クロス取引で実際にかかった費用を調べる方法|SBI証券の場合

SBI証券クロス取引にかかった費用を調べる方法

株主優待をノーリスクで取得できるクロス取引。

クロス取引にかかる費用は理解したものの、実際にいくらかかったのかを数字で確認しないと不安。

そんなあなたの為にクロス取引が終わった後、実際にかかった費用を調べる方法(今回はSBI証券の場合)を書いておきます。

SBI証券でクロス取引にかかった費用を調べる方法

SBI証券口座にログインしたら、右上の「口座管理」にカーソルを持っていきます。

クロス取引コストを調べる方法SBI証券の場合

すると、メニューが下に伸びてくるので「取引履歴」をクリックします。

取引履歴を選択

次の画面では「約定履歴」、「全ての商品」を選択し、「約定日」は実際にクロス取引をした時期になるように設定し、「照会」をクリックします。

全ての商品、クロス取引した時期を選び照会する

約定履歴からクロス取引にかかった費用を調べる方法

ここまでやると約定履歴がずらっとでてくるので自分の調べたいクロス取引した銘柄を探します。

MEMO
取引しすぎて照会結果が多すぎるときは「Ctrl+F」で探すと見つけやすいです。

今回は例として、「全国保証」のクロス取引にかかった費用を調べることとします。

クロス取引履歴一覧

SBI証券で一般信用短期(5日)売り・現渡しを使ってクロス取引する場合にかかるコストは

株式現物買い手数料+信用売り手数料+金利(信用取引貸株料)

です。(詳しくは別の記事で書きます)

MEMO
配当調整金については最終的にプラマイゼロなので無視しました。

それが分かっていてもクロス取引初心者の方は結局どれをみれば正しい「クロス取引にかかった費用」が調べられるのか迷ってしまいがち。

注意
「手数料/諸経費 税額」の欄を単純に272+21+191+15+404+15=918(円)とするのは間違いです。

SBI証券信用売り費用は現渡時に差し引かれることに注意

SBI証券では「現渡」すれば手数料がかからないはずなのに決済のタイミングで(404+15)円が引かれています。

これは一体何なのかと言うと「信用売り手数料+金利(信用取引貸株料)」が引かれているのです。

クロス取引費用調べるときは現渡時に手数料が決済されることに注意

信用売り手数料は信用売りのところにも数字が出ていますが、実際には現渡の時点で差し引かれるため(191+15)は(404+15)円に含まれています。

信用売り取引手数料

なので、実際にクロス取引にかかった費用を計算するときは

272+21+404+15=712(円)

とするのが正解です。

金利も現渡時に差し引かれる

「404+15」のうち「191+15」以外の部分が「金利(信用取引貸株料)」にあたります。

全国保証のクロス取引した時の約定単価は4000円で100株だったので

4000(約定単価)×100(株数)×0.039(金利)÷365×5(日)=213.6(円)

が金利(信用取引貸株料)となるはずですが、ちゃんと

(404+15)-(191+15)=213

となり一致します。

クロス取引に実際にかかる費用が分かれば安心

クロス取引する前にかかる費用は計算していても本当に計算通りになったのか心配な方、是非上記の方法でクロス取引に実際にかかった費用を調べてみてください。

カナショ

実際にかかった費用がはっきりすると安心してクロス取引に取り組めるはず