大学生と大学院生の違い、授業、生活、バイト、大学院生あるある他

大学生と大学院生の違い、授業、生活、バイト、大学院生あるある他

大学生と大学院生の違い、授業、生活、バイト、大学院生あるある他

OK76_marukaburi20141221135231_TP_V

なかなか中途半端な位置づけで存在が謎になりがちな大学院生。

元大学院生が大学生と大学院生の違いを比較してみました。

大学院生の授業

授業は減る

研究科にもよりますが卒業に必要な単位数が52単位とか38単位とかで、そのうちのほとんどが修士論文なので大抵の場合授業は減る。

勉強時間は増える

0I9A444015032150wakaranai2_TP_V

その代わり研究や調べ事の時間が増えます。

また、授業が深くなるか内容の割に時間がない分スピーディーになるので大学の授業と違って予習復習必須。

カナショの通っていた会計大学院では1回の授業で100ページ分くらいの範囲を進む授業もありました。

授業中に一緒に読むと言うよりは読んできている前提。

なので、授業時間よりも授業に向けた予習の時間の方が長いことがほとんど。

授業は減るけど勉強時間は間違いなく増える。

少人数の授業

OJS_sekitokokuban_TP_V

大学院は大学に比べて人数が少ないので5人とか3人とかの授業がほとんど。

受講者が一人だけで教授の部屋でやる授業もありました。

寝るのは難しい。よく聞いていない話をごまかしながらわかっているかのようにふるまう技術が身につきます。笑

生活

勉強も増えるので大学にいる時間は増える。

また、バイトもTA(ティーチングアシスト)という授業の手伝いのかなり割のいいバイトができるので大学内で完結します。

大学院生のバイト

PAK145152501_TP_V

TAは大学生向けの授業の手伝いが主な仕事。

例えば、

  • パソコンの授業等、先生一人では授業中の質問に対応しきれないときに質問に対応する
  • プリントを配る
  • プリントの印刷
  • 教室の鍵をあける
  • 先生が前で使うパソコンとスクリーンの準備

等があります。

授業の内容によってはパソコン・プリント要らなかったり、オリエンテーション的な回ではそもそも質問が出ることがなかったりするのでただ座ってるだけの時間がほとんど。

TAしながら自分の宿題とか勉強することもできる。

また、質問に答えるためには自分もその授業の内容をわかってないといけないので復習になります。

しかも、時給1200円とか1500円とかなので割と高い。

普通のバイトやってる人もいましたが、TAの方が断然美味しい。

サークル、部活

筆者は大学院から新たにサークル入りましたが、実際には大学院生でサークル入ってる人は少ない。

大学院生はサークル入れるの?

2016.03.15

大学生の時に入っていたサークルにOB・OG的立ち位置で参加するというパターンは普通によくある。

大学院生あるある

社会人になりたい

SEPsts_TP_V

大学院入学まで全てスムーズに行った現役でも修士課程を卒業するのは24歳、博士課程までいけば27歳。

多くの周りの同世代の人が社会人になってくるので取り残された感覚に陥り早く働きたくなります。

忙しい

大学生に比べればやることが多く、自分がこの世で一番忙しいような感覚に陥ります。

歳を感じる

yakusan20160801365210_TP_V

大学内ではほとんどが年下。

サークルの後輩とかからは長老的扱いを受ける。

また、教授との時間が増えるのでなんだか自分も教授側の年齢のような気分になり、

せいぜい5歳程度までしか変わらない大学生を見て

大学院生
いや~若いな~

って言いがち。

スーツを着たがる

大学院生
大学院生だし大学生みたいなファッションで通学するのもな~

とか言って無駄にスーツ着がち。

大学院生
院生だよ?大学生じゃないんだから…

と思いたいプライド的なものがそうさせているのかもしれない。

大学院生は入院中

N934_karutewomotudr_TP_V

ネット上では大学院行くことを「入院」とか言われたりしますが間違ってない。

働いてるわけではないのでお金も貰えないけど大学生程暇でもない。

なのに大学生と同じような扱いを受けたりするから、余計にそう思われたくないからって大人ぶり、実社会では適応しづらい理想論的知識をドヤ顔でひけらかす。

厨二病、高二病、大二病に続く「院二病」の一種の特徴かもしれない。

というのが元大学院生現社二病筆者の見解。