与沢翼のGTSF卒業生が書くGTSFに関する見解

与沢翼のGTSF卒業生が書くGTSFに関する見解

与沢翼のGTSF卒業生が書くGTSFに関する見解

最近与沢翼氏がグローバルトレーダーズスクールファイナルの再販をしているせいか、またメッセージがよく届くようになったので個人的な見解を書いておきます。

こういうの書くと僕はGTSF後ますます与沢翼氏をリスペクトしているのでまわし者風な文面になってしまうかもしれない。

一方、

与沢翼のグローバルトレーダーズスクールファイナル入った理由と感想

2016.08.23

にも書いたとおり、「与沢翼そのものを学ぶ」という本来の目的を見失わないようにすごいな~と思いながらも少し距離を取って見ている部分もあり、まわし者ではないので安心して参考にしてみてください。

グローバルトレーダーになれたか

一番気になる部分で一番メッセージが来た内容。

残念ながら、グローバルトレーダーを名乗れるほどの実力は身についていません。

GTSFに入っても結果が出ない理由

結局、僕にGRITが足りないからだと思います。

グリット~やり抜く力~の本の感想とレビュー

2016.11.01

GTSFの最中にも「成功するまで続けること、数ヶ月経ったらトレードしてない人この中にもいますよ」というようなことを与沢氏も言っていたが本当にその通りで筆者は講義終了後、開講中程FXを本気でやっていない。

来年の今頃には真剣にトレードしてる予定だが、現在はある程度精神的に安定した状態でトレードに取り組む為の収入確保のためにも情報商材に取組中。以下、情報商材を勉強した中で身につけた知識も踏まえて書きます。

GTSFに関するメッセージが来た

HOC様(イメージ)
初めまして。
HOCと申します。
GTS教材を30万円で購入するか迷っているものです。
カナショさんのGTSに関するブログ拝見させていただきました。
いろいろ検索したところ幅広い分野で講義しているため1つ1つの専門性が薄いという意見もありました。
個人的にはYOUTUBEでの与沢さんの立ち振る舞いや話しの内容を聞いてGTSが詐欺とは考えていませんが、教材が高額で時間も有限なため、実際に講義を受けた方から背中を押してもらいたいというのが本音です。
カナショさんの見解をブログに書いて頂けたら幸いです。
突然のメール失礼致しました。

こちらに対する回答内容のつもりで書きましたので以下読んでみてください。

幅広い講義内容

特典である株式投資研究会も見ればテクニカル分析に必要な知識は網羅していると思う。幅広いのは確か。

薄いというよりはすごい量なので初学者が次々動画見てても実践に移して研究する時間がとれないので身につきにくいということはあるかもしれない。自分に対する言い訳でもありますが。

ネットビジネス編や海外投資編の講義に関しては元から興味持ってる人にとっては元から知ってる内容が多めだったのではないかと思います。

そう感じた方が1つ1つの専門性が薄いという意見をお持ちなのでしょう。

詐欺ではない

詐欺ではない。与沢氏は本当に努力家だと思います。ずーっと受験生並みに勉強し続けてるイメージ。そうでなければ、あんなに動画でしゃべれません。

与沢氏は情報商材業界の中で一番有名な人物なので情報商材の世界に蔓延っている「稼ぐ方法を売る→稼ぐ方法を買った人がまたその稼ぐ方法を売る」という新手のねずみ講みたいな構造とそこでよく使われる「高級車やホテルの写真をSNSに載せて自分が儲かってる風を演じる手法」にイメージが重ねられてしまい詐欺と言われたり批判を受けているものと思われます。

昔の「与沢塾」の内容は知らないので何とも言えませんが、GTSFは本物の知識がないとできない講義。

背中はおさないけどおすすめ

ところが、背中は押しません。

詐欺ではないけど高いのは事実。結果出してない僕が言うのも説得力に欠けるかもしれませんが結局実践が大事というところに行きつく。

別に勉強しようと思えば本とかブログとかでも勉強は可能な内容。

与沢氏は「GTSFの内容は他の本やネット読んでも乗ってない完全オリジナルな内容」と強調する。一部は本当にそうだと思うが、多くの基本的な内容は本やFXやってる人のブログでも学べる。他で30万円もかけずに勉強して、実践する元手として10万でも20万でも残した方がいいような気もする。

一方、GTSF並みに全てを網羅したような本は見たことないし、もしあったとしたらものすごい分厚さになるはず。だから、自分で勉強するとなったらあっちこっちの本を中途半端に勉強し続けて結局何が大事なのかよくわからないという事態に陥る可能性はある。

それを防いでまずはガッツリ知識をつけるという意味ではおすすめ。また、動画っていうのが分かりやすい。

情報商材が詐欺と思われやすい

現在情報商材勉強中なので分かってきたことだが、結局、情報商材っていうのは情報をまとめたものがほとんど。

その内容自体はどこにでもある知識だけど目的達成のために必要な情報を分かりやすく体系的にまとめ、動画や音声、pdf等を用いて価値観を高めることで高額で売ってる。

その点GTSFはオリジナルっぽい内容多め。とはいえ30万円は高すぎるとも安すぎるとも感じる。

情報商材はまだ勉強中。違ってたらすみません。

今が買い時かは微妙

また、最近情報商材を勉強していく中で知ったのが、「新しいものを販売するときに特典として無料でつけること」が多いということ。

GTSFにもGTSの講義が全て特典として付けられているが元々はGTSだけでも30万円で売られていたもの。

株式投資研究会も元は他の商材の特典として付けられていたもの。

そして、昨年GTSFを売っている段階では2016年で引退すると言っていた。(これも販売手法なのだが)
なのに、また新年早々動画を何本かあげている。

今はGTSF再販の宣伝の為ではあると思うが、年明け後の動画の中で「今後何かするときにはGTSFの内容が分かった前提でやる」みたいなことを言っていたので今後もまたGTSFみたいな何かを開催する可能性はあり、その時にGTSFの講義は特典として無料で付いてくる可能性は高い。

メッセージその2

yasu様(イメージ)
はじめまして、カナショさん タイミングよくgtsfにはいれましたね 私も初心者ですが株やFXには興味がありました 数年前100万を株で溶かして まあ勉強なしでは勝てないことは理解してますスクールのお金以外にもコンプリートインジケーターやラインがあると聞いています カナショさんはこのあたり使ってみてどうでしょうか?

買ったのは本講義だけ

GTSF生の中にはおそらくコンプリートインジケーター無しでも結果を出しておられる方はいらっしゃっいましたし、GTSF生でなくてもコンプリートインジケーター無しで結果出している方は多数いるはず。

個人的には結局、実践やツール無しでもやっていける本当の実力が必要だと思ったのでコンプリートインジケーターは買いませんでした。(単純に高すぎたのもありますが。)

ラインは時間がとれるのであれば、入ってればよかったような気がします。ラインは相当大変なはずなのでまたやってくれるか微妙だし。

ちなみにこういうのを情報商材の世界ではバックエンドといいます。

最初に入口的な少し安めの物を売り、それを買ってよいと思って人の中には高額な商品でも買う人はいるので一旦客になった人に…ってこれ以上書くと話がずれるのでこのあたりで。

GTSF入ったからFXネタ書きにくい

GTSF入学以降FXに関する知識がせっかくついたので復習がてらそれをブログネタにしたいけどどこまでがいけないのか。

GTSFで習ったことを書くのは駄目って言われているのでどこまでが書いていいのかが分からず、書きにくいのですがそのあたりの境目に詳しい方がいたら教えてください。

流石に、最初GTSF入った頃予定していたカナショ版グローバルトレーダーズスクールとかは駄目そうですが笑