スタイリッシュぼっち

生活、生きる業、アイドル、株他いろいろでてくるブログメディア

ギターとベース比較、簡単なのはどっち?

   

ギターとベース比較、簡単なのはどっち?

学生時代、軽音サークルでギターとベースどちらもやった経験からメリット、デメリットを考え、比較してみました。

スポンサーリンク

ギターvsベース

imageギターとベースを比較し、それぞれのメリットデメリットを考え、どちらが簡単か、おすめかを考えてみました。やっていたのはロックバンド。

ギターとベースの違い

ギターは弦が6本、ベースは弦が4本です。ギターでは同時に数本の弦を抑えて音を出しますが、ベースは殆どの場合1本ずつ抑えて音を出します。ギターの方が高い音をだします。

ギターのメリット

image

  • 目立つ
  • 1人でもできる
  • ベースより幅広いことができる

ギターのメリットは第一に目立つというところです。ベースに比べるとギターにはソロがある曲が多く、見せ場があります。

また、ギターは1人でインストロメンタルとして楽器だけで弾くのも、弾き語りをするのにも使えます。

エフェクターを使っていろんな音が出せます。

ギターのデメリット

  • ベースより難しい
  • エフェクターが荷物になる

ギターの方がベースより難しいです。指の動きが難しく、初めにFコードで挫折する可能性が高いです。

エフェクターで音の調節するのも楽しい反面難しくて面倒です。また、ギターとエフェクター持ち歩くのはまあまあ荷物になります。

ベースのメリット

image

  • 渋さ
  • 正直ギターより簡単
  • 需要がある

ベースは渋いです。ギターやってるって人は多いので、ベースやってるというと音楽好きっぽくてかっこいいです。

弦一本だし、エフェクター使わなくても大抵の曲は弾けるのでギターより簡単です。

ギターより人口少なめなので下手でも需要があります。

ベースのデメリット

  • 重い
  • 大きいのである程度体格がないと構えた姿が様になりにくい
  • 一人でやりずらい
  • 見せ場無い

ギターより大きく重いです。

また、大きいのである程度体格ないと構えた姿が様になりづらい。僕が構えると男ですがガールズバンドっぽくなってしまいます。

一人では弾いててもベースラインだけなので、楽器持って歩いてる時に友達から「弾いてみてよ」って言われた時に弾いてもバンドやってない人には何弾いてるのか伝わりません。

あと、ライブ出ても大抵あんまり見せ場はありません。誰も見てない。後ろで自己満足で弾いて終わる。

ギターとベースどっちがオススメ

imageメリット、デメリットを考えたところでギターとベースどっちがおすすめでしょう。

ある程度やる気があるならギターがおすすめ。

バンドやってみたいけどそこまで練習時間とかは割きたくないって人にはベースの方がおすすめ。最初始めるには、簡単で練習時間も短くて済み、エフェクターのことも考えなくていいです。

しかも、ライブで間違えてもぶっちゃけギターよりダメージも少ない。

一番オススメしないのはどっちも中途半端にやること。僕は10年近くやっているのにどっちも初めて半年くらいの実力です。

どっちか決めかねる時はギター

imageどっちにするか決めかねる人にはギターをオススメします。ベースやっててギターに転向するのは難しいですが、ギターからベースは簡単です。今まで弦を6本抑えていたのが1本で済みます。

また、ベースには早弾きやタッピングみたいなことをやることも少ないので指の動きも楽です。

参考になれば幸いです。

 - 生活