ふるさと納税で年間12万円食費節約できた

ふるさと納税で年間12万円食費節約できた

ふるさと納税で年間どれだけ食費が節約できたのか

ふるさと納税に真剣に取り組んだ筆者、ふるさと納税で年間どれだけ得したのか、食費が節約できたのかを計算してみました。

ふるさと納税で得た品

ふるさと納税でもらったお礼の品は以下の通り、

貰ったお礼の品の量の合計

  • 牛肉0.6kg+1kg+1.2kg×2回+0.6kg+0.7kg+1.2kg+2kgで合計8.5kg
  • 豚肉3.55kg×2回+4.5kgで合計11.6kg
  • 鶏肉2kg
  • うなぎ蒲焼6本
  • 米10kg

何円相当のお礼の品を手に入れたのか

合計118,673円相当。

限度額を超えない限りは実質負担額は2,000円で済むので118,673円相当の品を2,000円で手に入れたことになる。

自炊率が上がる

これだけふるさと納税のお礼の品が届くので使い切ることを考え自炊率がかなり高くなるという部分での節約効果もある。

健康的だし、料理のスキルも上がった気がする。

豊かな食生活

外食に比べて安いし健康的。

昔は贅沢品と言われていた「すき焼き」も

  • 白菜1/8 68円
  • ねぎ128円
  • 豆腐30円(3パックで91円のもの)
  • こんにゃく68円
  • 人参40円(1本買って半分)

334円で作れる。

鍋に入れるだけなので簡単っていう理由で日常的な食事。

外食で334円ってなるとかなり限られ、偏った食事になってしまう。

肉中心にはなりがちだが、肉と米は買わないで済むので支出の割には豊かな食生活。

ふるさと納税お得すぎ

ふるさと納税やはりお得すぎ、年間12万は食費を抑えられているはずです。

まだやっていない方はぜひやってみてください。

例えば、こちらは1万円の寄付で豚肉が2.2kg貰えます。

この記事が何かの参考になれれば幸いです。

ABOUTこのブログをかいてる人

神戸在住25歳。カリスマを目指し「かっこよくなる方法研究」「サークルに入りまくる」「資格取りまくる」「個人輸出」「株」「FX」「LINEスタンプ作成」「ミニマリスト」「海外ビザ取得」等迷走しまくってる人。 GACKTとまねきケチャが好き。月間5万PV。