医療費と保険給付のお知らせの使い道と保存期間

医療費と保険給付のお知らせの使い道

健康保険組合から届く医療費と保険給付のお知らせ。

「大切に保管して下さい」と書かれているのでとりあえず保管しているものの使い道が分からない。

また、いつまで保険しておけばいいのかわからない人のために使い道と保存期間について調べました。

医療費と保険給付のお知らせの使い道

確定申告で医療費控除を受ける際には領収書が必要。

でも、領収書の枚数が増えてくると、医療費の合計がいくらなのか計算しないとわからなくなってきます。

そんな時に「医療費と保険給付のお知らせ」があれば、領収書を1枚1枚足していかなくても「確認」できます。

あくまでも、「確認」、控除には使えません。

国税庁のホームページにも以下のように書かれています。

健康保険組合から送られてきた「医療費のお知らせ」
Q1
健康保険組合が各組合員に交付している「医療費のお知らせ」は、医療費控除を受ける際の領収書の代わりとなりますか。
A1
医療費控除は、その年中に一定額以上の医療費を支払った場合に、その医療費について「領収した者のその領収を証する書類」を、確定申告書に添付するか確定申告書の提出の際に提示しなければならないこととされています。
健康保険組合から送られてきた「医療費のお知らせ」は、「医療費を領収した者のその領収を証する書類」に該当しませんので、領収書の代わりとすることはできません。

(所法73、所法120、所令262)

医療費と保険給付のお知らせの保管期間

使い道は上記の通り「確認」だけなので、確定申告が終わるまで持っていれば十分。

なので保管期間は1年で十分。

というか、領収書足せばいいだけなので即捨てても問題ない。

医療費のお知らせの目的

何故使い道もないものを送ってくるのか。

医療費のコスト意識を持たせる

私達が普段病院で払う医療費は1割〜3割。

でも、実際は残り7~9割を健康保険組合が負担しています。

そのことを意識させるためのものだそうです。

カナショ
健康保険組合のコストとか正直全然気にしないけど…

医療機関の不正請求防止

病院の窓口でお金払って

カナショ
なんか医療費高かったけど怪しくない…

と思ったところで素人には何も分からない。

でも、医療費のお知らせを見れば医療機関に支払った金額が正しかったのかどうかがわかります。

医療費と保険給付のお知らせは税金の無駄

というわけで、医療費と保険給付のお知らせは不要。

こんなものに税金を使わないでほしい。

医療費と保険給付のお知らせの使い道

ABOUTこのブログをかいてる人

神戸在住25歳。カリスマを目指し「かっこよくなる方法研究」「サークルに入りまくる」「資格取りまくる」「個人輸出」「株」「FX」「LINEスタンプ作成」「ミニマリスト」「海外ビザ取得」等迷走しまくってる人。 GACKTとまねきケチャが好き。月間5万PV。