株は長期投資か短期売買か決めて取り組むことが大事

同じ株でも、長期投資か短期売買ではやるべきことが違うのでどちらをやろうとしているのかを決めて取り組むことが大事です。

株は長期投資か短期売買か決めて取り組むことが大事

前に元々長期保有目的で買った株を賢明に損切りしたつもりになって喜んでたことがあります。

この記事書いた時点ではこれが正解だと思ってましたが、今思えば愚かな判断。

長期投資は損切りしない

筆者は適当に買った株がたまたまアベノミクスで株価が上がってただけなのに

「株って簡単に儲かるな〜」

と錯覚して少し儲けた後、調子に乗って大量に買った株が最高値付近でした。

その後、どうしていいのか分からず塩漬けのまま保有し続けていました。

でも、ちょうどブレグジットの頃に、雑誌で「過ちを認めることも大事、将来性のない株をいつまでも持ってるよりも売ってしまって、伸びる株に振り分けた方が結果的には資産を増やすことになる。」

と書いてあったのに影響され、全売りしてしまいました。

長期投資株を損切りした

その後、ブレグジット決定で下がったので損切りしてよかった~とか思ってたのですが違った。

「株」と一括りにしてたのが間違い、長期投資なので損切りは要りませんでした。

ウォーレン・バフェット「損切りは必要ない」

ウォーレン・バフェットも「損切りは必要ない」と言っています。

また、

「株価を気にせずに、その資産が将来何を生み出すか(どれだけの利益を生み出すか)にのみ着目すること」

とも言っています。

購入してから株価が下がっても、「会社の将来の業績(配当)」にも着目しているので、買い増しのチャンスと捉えているそうです。

極端な話、配当利回り3%の株は34年経てば、100%回収可能。

長期投資は持ち続ければ基本儲かる

世界中の株価は時期によって上下はあっても、平均すると基本右肩上がり。

これは経済成長してるから起きる現象なので、経済成長が続く限りは長期保有してれば基本儲かります。

長期投資は基本儲かる

なので、長期保有の株を株価暴落のニュースを見て下がったときに売るのは本来買うべきタイミングで売っていることになってしまいます。

むしろ、経済成長が続く限り長期的にはどうせ元の水準以上に戻るので買い物のチャンス。

短期売買では損切りが大事

一方、短期売買はテクニカル分析重視で、少し先の値動きを予測して売買して設ける手法。

配当や企業の成長による株価の成長では儲けられず、元本は武器なので失ったら負け。

例えば、100万円を元手にトレードを開始した時、80万円(20%減)にまで減らした時、元に戻すには25%の運用益が必要。

20%も損する前にさっさと2万円で損切りすれば98万円なので2%の運用益で復活できます。

長期投資と短期売買を混同しないこと

要するに今回の記事で言いたかったことは

「長期投資と短期売買ではやるべきことが違うので混同しないことが大事」

ということ。

ABOUTこのブログをかいてる人

神戸在住25歳。カリスマを目指し「かっこよくなる方法研究」「サークルに入りまくる」「資格取りまくる」「個人輸出」「株」「FX」「LINEスタンプ作成」「ミニマリスト」「海外ビザ取得」等迷走しまくってる人。 GACKTとまねきケチャが好き。月間5万PV。