スタイリッシュぼっち

生活、生きる業、アイドル、株他いろいろでてくるブログメディア

友人にお金貸す?いくらまで貸せる?共感が金を集める

   

友人にお金貸す?いくらまで貸せる?共感が金を集める

最近2人の大学時代の友達から久しぶりに連絡が来た。内容はどちらも「お金を貸して欲しい」だった。1人には貸して1人は無視した。1人は腐女子(以下さえこ)。一人はチャラ男(以下はると)。

スポンサーリンク

お金は貸さない

IMG_6919
お金貸してと言われた時の選択肢の一つ。お金は貸さないという選択。筆者は基本的にこのスタンスだ。

教育方針

「保証人だけは友達の縁切ってでもなるな」という教育を受けた。それが染みついているためか、「お金貸して」と言ってくる人は僕を友達だと思っていないんじゃないかという思考がめぐるようになってしまっている。

金づるは嫌

貸さない理由の一つ。僕はエスカレーター式学校出身だからかお金持ちと思われやすい。だから、金づるにされているのではと余計に敏感になるのかもしれない。だから、さえこは無視した。

お金は貸す

FullSizeRender
お金を貸すという選択。1人には貸した。僕はなぜ貸したのか?皆さんはどれくらいなら貸しますか?

どれくらい仲の良い友人か

お金を貸すかどうかを迷う時、どれくらい仲の良い友人かも考えがち。貸した方も貸さなかった方も仲の良さは同じくらい。僕はぼっちなので、どちらも特別な仲の良さってわけでもない。

お金を借りたい理由

お金を貸して欲しがっている理由にもよる。これは大きい。さえこは生活資金。はるとは事業資金。生活資金を貸さないで事業資金を貸した。「普通逆じゃない?」って気もするので改めてなぜか考えてみたら理由がわかった。

お金を貸した理由

貸さなかった方は共感できなくて、貸した方には共感できたからだ。

貸さなかった理由

kanekasu1さえこは腐女子。しょっちゅうオタク活動をSNSに挙げていた。それだけ見ていればお金がどこに消えてるのかは分かる。

貸した理由

kanekasu2はるとはチャラ男。というか、人生をよく考えたうえで学生時代チャラくしていた。その考え僕と似ていたのだが、僕は乗り切れず遊びに誘われても断ってばかりだった。

でも、授業の合間に話すと将来の展望など何かと考えが一致していて共感できた。

それを僕は仲間意識を芽生えさせて何かに自分を利用しようとしているのではないかと警戒してしてしまいさらに距離を取ってしまった。

だから、話すのは2年ぶりだったのだが、学生時代と同じく僕は考えてるだけ、その友達は行動していた。それに感心したからお金を貸した。

いくらまで貸せるか

お金を貸す時いくらまで貸せるだろうか。貸す時はあげるつもりで貸すべきだ。

無関係の友達5人にこういう時いくらまで貸せるかを聞いてみた。その結果だいたい5万円位だった。事業資金で5万円って少なすぎな感じもするからもう少し貸してあげてもよかった気もする。

共感が金を集める

kanekasu3
共感がお金を集めることに気がついた。西野カナの曲もイケダハヤトの書く記事も共感が支持者を作りお金を呼んでいる。僕も腐女子だったらさえこにもお金貸してたのかもしれない。

 - 雑談