スタイリッシュぼっち

生活、生きる業、アイドル、株他いろいろでてくるブログメディア

ミニマリスト習得、辞めてから感じる強み

   

ミニマリスト辞めました

ミニマリストを目指して生活してみたところ、25歳、ミニマリストは危険。目指した結果にも書いたようにミニマリストってある程度好きなものがある人じゃないと何も要らなくなって、生きてる喜び的なものも見失って

そもそも生きる必要もなくない?

という危険な思想に陥ってしまいました。なので、ミニマリストを目指すのはやめました。

スポンサーリンク

ミニマリストは身につくもの
minimarisut2
ミニマリストって一回意識すると身につくものなのかもしれません。ミニマリスト、辞めたつもりだったのですが、習慣化?ミニマリスト習得?ミニマリスト思考は抜けきりません。ミニマリスト、一回目指して辞めたからこそ感じるのであろう強み、辞めてやっと気付いたミニマリストの良さみたいなものに気付き始めました。

ミニマリストで習得した強み

  • 必要ないものの判別はつくようになった
  • 買い物が減った

このあたりが、ミニマリストで習得した強みだと感じています。

ミニマリスト一回目指してみましたが自分にとって必要なものは見つかりませんでした。

ですが、やっぱり自分にとって要らないものの判別は前より付くようになりました。

しない生活 [ 小池龍之介 ]

しない生活 [ 小池龍之介 ]
価格:842円(税込、送料込)

ミニマリスト向けの本に限らず、いろんな本に書かれていることですが、選択肢が多くて迷うということが人間にとっては大きなストレスになると言われています。(『しない生活』にもかかれていました。)

スマホやら、パソコンやらから常に膨大な情報を受け取り続けている現代人にとって、選択しなければならない機会を減らすことはストレス軽減に繋がり、幸せを感じやすくなる。これはやはり実感しています。

前より明らかに要らないとわかるようになったので買い物しなくなりました。

例えば、自分が好きなのは黒いスキニーパンツであり、薄い青色のジーンズやチノパンは持っていても穿きません。だから、ミニマリスト目指したときに全部ヤフオクで売ったっきり買う気が起きません。買ってコーディネートに迷った末に結局しっくりこなくて黒いスキニーパンツで出かけて、どうせ履かないのは分かっています。持ってなければ迷うこともありません。

ミニマリストは習得するもの
image
黒いスキニーパンツ以外穿かないってそれ、ミニマリストじゃんと突っ込みたい方もいるでしょうが、今、自分としては自分をミニマリストとは思っていません。特に自分にとって大切なものを見つけるために余計なものは徹底的に省いていこうなんて考えていません。

ただ「確実に要らないものの判別能力」が高まっただけのひとりの人です。

たぶん、ミニマリストって一回目指せば身につくものなのだと思います。ミニマリスト辞めてからミニマリストの強みを感じています。

ミニマリストはおすすめしない、でも、1回やってみるのはおすすめ

一度はミニマリストは何か好きなものがある人以外が目指すのは危険だ!!なんていっていた立場ですが一度ミニマリスト目指してみたことは十分に生きています。

ミニマリストであり続けることはおすすめしませんが、一旦ミニマリスト経験を積んでいるのはおすすめです。

 - 雑談