スタイリッシュぼっち

生活、生きる業、アイドル、株他いろいろでてくるブログメディア

25歳にしてリタイアメントビザMM2Hを目指す理由

      2016/11/19

25歳にしてリタイアメントビザMM2Hを目指す理由

25歳にしてマレーシアのリタイアメントビザMM2Hを目指す理由。

スポンサーリンク

MM2Hを目指す理由

TSU86_iejiwoisogu_TP_V

筆者、25歳にしてマレーシアのリタイアメントビザMM2Hの取得を目指しています。

リタイアはまだまだしないつもりですが焦っています。

理由は以下の通り。

地震対策

日本は地震大国。

南海トラフも生きているうちに起こる可能性大。

地震を回避するには日本を離れるのが一番。

マレーシアは地震の起きない国。

しかも、気候も安定していて台風も起きないし、治安も良く、物価も安い。

さらに、英語が通じる為、いざという時の逃れ先として。

リスク分散

日本破綻対策

一部で日本破綻と騒がれ出して数年経つが、本当に起こりうること。

日本は世界政府総債務残高(対GDP比)ランキング1位

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-19-18-15-32
政府総債務から一般政府が保有する金融資産(年金積立や外貨準備など)を差し引いたものである世界政府純債務残高(対GDP比)のランキングでも2位

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-19-18-17-42

日本が破綻、もしくは破綻しそうということになったら今までの「安全通貨円」は崩壊し、超円安に進む可能性もある。

円高のうちに対策する

円高のうちに外貨や海外不動産を持っておくことはリスクの分散になる。

というか日本国内で日本円だけで資産を持ってることのリスクが大きすぎる。

リスクの割に、国内の定期預金や国債の利回りは国際的には異常な水準で低い。

資産を増やしていくには外国の定期預金や国債を購入したい。

ところが、仮にいつか1ドル300円とかの超円安時代が来たら1ドル100円の今と比べて3倍の資金が必要になる。

海外の債権や株が買えない上に日本国内は利回りが低くてどうにもならない状況に陥る可能性がある。

マレーシアは取るではなくリンギットだが、海外進出の第一歩としてまだハードル低めのMM2Hは魅力的。

運用

これがメインの理由。

高金利

日本の35倍の金利

銀行口座何個持ってる?お得な使い分け方法、銀行員「手数料は絶対払うな」で住信SBIネット銀行のハイブリッド預金が金利高めと書いたが、所詮は日本国内基準0.10%。

一方、マレーシアの銀行定期預金は年間金利が3.5%程度。

定期預金なので元本は保証だし、例えば、HSBCという銀行がある。

日本からはすぐ撤退してしまったが世界的な銀行。

MM2H取るなら自然に定期預金することになる

詳しくはMM2Hの取り方、仮承認申請までの流れまとめに書いているが、

50歳以下のMM2H取得条件に

「最低30万リンギットの定期預金を作る」

というものがある。

30万リンギットは現在の為替からすると日本円で約800万。

その3.5%なので、10,500リンギット(28万円)を毎年金利として受け取ることができます。(実際に金利が円換算でいくらになるのかはその時の為替による)

日本国内では価格変動リスクのある株でも3.5%配当還元してくれる銘柄は多くはない。

時間的有利さ

25歳という若さが、運用に有利。

本当にリタイアする65歳くらいから運用しだしても20年程度、しかも死ぬ瞬間に大金を持っていても意味ありません。

25歳の今からであれば、60年程運用し続けられる。

さすがにありえませんが、仮にこれから60年間金利等の条件が変わらなければ、

25歳時点での800万円は85歳になるまで60年間複利を元本に組み込み続ければ6302万円にまで増大。

そこまで、手をつけないで大金残して死ぬだけになってしまうのは嫌なので65歳時点から金利部分は使うと考えても、元金が3167万円になっているので年間110万円金利収入を生み出せるようになっています。

もっと運用益のいい金融商品もあるそうなのでこれまたやりませんが。

為替差益

金利抜きで見ても、今の円高リンギット安のうちに1リンギット26円で30万リンギットに変えてしまっていれば、31円になった時円に戻すだけでも150万円増えることになります。

円高が進んだ時はリンギットのまま高金利を受け続けて元本を膨らませながら円安のタイミングを待てば良い。

長期投資のような目線。

HSBCプレミア

PAK93_maxsquer20140531_TP_V

HSBCマレーシアにプレミア口座を作れば、世界中のHSBCでの口座開設が簡単になる。

マレーシアのHSBCプレミア口座は預入額20万リンギットと世界のHSBCのプレミア口座の中でもハードル低め。

低いハードルでHSBCプレミアに潜り込み、使った金額の3%~6%キャッシュバックのHSBCプレミアクレジットカード等の優遇を享受し支出を抑える。

MM2Hを急ぐ理由

円高リンギ安

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-19-18-59-48

円高リンギット安の今は経済証明、収入証明ともに取得ハードルが下がっている状態。

50歳未満の経済証明に必要な金額は50万リンギット。

1円為替が変わると必要な金額は50万円変わる。

1リンギット26円なら1300万円で済みますが、1リンギット31円の頃なら1550万円必要でした。

今後円高になるのか、円安になるのかわかりませんが、今までの為替からすると安い水準。

MM2H基準引き上げ説

具体的な証拠が見つけられませんでしたがマレーシアの大統領がMM2Hの経済証明を5000万円にしろと発言したこともあるそう。

そうなったら25歳の庶民にMM2Hを取得するチャンスはもうないかもしれない。

MM2H早く欲しい

というわけで25歳なのにリタイアメントビザMM2Hを目指しています。

早く欲しい。

 - MM2H