マレーシアリタイアメントビザMM2Hを25歳が取得する理由

マレーシアリタイアメントビザMM2Hを25歳が取得する理由

MM2H申請時にも書くことになる「何故、マレーシアのリタイアメントビザMM2Hを取得したいかの理由」。

マレーシアリタイアメントビザMM2Hを25歳が取得したい理由

TSU86_iejiwoisogu_TP_V

僕(@25saino)は25歳なのでまだリタイアはしないつもりですが取得準備中です。

マレーシアに行きたい理由環境面

地震がない

日本は地震大国。南海トラフ地震も25歳の僕にとっては生きているうちに起こる可能性大。

一方、マレーシアは地震の起きない国。

気候が安定している

マレーシアには四季がなく、1年中暖かい。

そのため、冬服も入らず、ミニマリストを極められます。

また、夕方にはスコールが降るが、その代わり台風や竜巻のような危険はない。

日本人が浮かない

多民族国家でしかもアジア系が多めなので、欧米と違って日本人が紛れていても目立たない。

喧嘩になっても対アジア人なら戦う気になるけど体格差ありすぎの黒人とかに絡まれたら逃げるしかない。

というか個人的には現地人と間違われることもある感じなのでそういう心配もない。

かっこよさ的にもアジアなら低身長イケメンでも十分特するけど欧米人含めると体格がかっこ悪すぎて子供に見える。

英語が公用語

英語が公用語ってところが便利。

僕は英語ペラペラではないですが同じアジアでもベトナム語、タイ語、インドネシア語等他の言語に比べればかなりマシ。

マレーシアに行きたい理由金銭面

経済成長中なので投資向きの国

日本の経済成長率はここ数年0~1%台なのに対し、マレーシアの経済成長率はだんだん下がってきているとはいえ平均的には5%程度で成長中。

(引用元:世界経済のネタ帳)

一見「数%の差」と思うかもしれないが「経済成長率はGDPが前年比でどの程度成長したかを表す数字」つまり「前年の成長に比べて今年はどれだけ成長したか」を表すもの。

なのでマレーシアは日本の高度成長期のように雪だるま式にどんどん成長速度を加速させながら成長し続けている。

まだこれから「しばらくは高度成長期→最後の方にバブル期→バブルが弾ける」ので、今の株価や不動産価格は基本的に国の成長と一緒に上がっていく。

個別の企業や地区ごとの差はあっても全体的には上がっていくしかないので日本で投資するよりは儲かる可能性も儲かる幅も大きい。

高金利

投資とか難しいことは抜きにしても単純に銀行金利が普通に3.5%もある。

日本の中では高めのネット銀行の定期預金の金利でも0.1%程度なので35倍もある。

当然、マレーシアでも定期預金は元本保証だし、ペイオフも政府が保証してる。

ちなみに、僕は50歳未満なのでMM2Hの取得条件で「最低30万リンギット(約750万円)を定期預金にする」のでそれだけでも1.02万リンギット(約25.5万円)の利息を受け取れるようになる。

物価が安い

数年前の本では「物価が日本の1/3」と書かれていたほど。

去年行った時には1/3はさすがに言い過ぎでしたが、それでもやっぱりかなり安めでした。

上記の強制的に定期預金にする30万リンギットからの利息1.02万リンギットは日本円で言えば25.5万円相当。

マレーシアの物価が現在1/2と見積もっても日本で言えば50万円相当として使うことができます。

為替差益

今は過去を遡っても円高リンギット安。

なのでの今のうちに1リンギット=25円で30万リンギットに変えてしまっていれば、1リンギット=30円になった時円に戻すだけでも150万円為替差益が得られます。

経済成長すれば、基本強くなるはず。

仮に数年先でより円高リンギット安になっても最悪現地で使えば為替で損することはないし、放っておいても高金利なので現地通貨では増え続けていく。

なので今は絶好のタイミング。

HSBCプレミアの敷居が低い

HSBCmalysiacard

HSBCマレーシアのプレミア口座は預入額20万リンギットで作れるので世界のHSBCプレミア口座の中でもハードル低め。

なのに、HSBCマレーシアにプレミア口座を作れば、世界中のHSBCでもプレミアランクとして扱われ、プレミア口座が簡単に開設できようになるしワールドマスターカード(ブラックカード)も作れます。

HSBCマレーシアに銀行口座開設する方法

2016.05.11

リスク分散

マレーシアが良いっていうのもあるけど、日本国外に拠点とある程度の資産があれば日本が万が一国家破綻や預金封鎖になったときのリスク分散にもなる。

日本脱出して海外進出したい5つの理由

2016.12.24

MM2H早く欲しい

マレーシアが美味しすぎて中国人を中心に入ってきすぎている影響もあり、現地ではMM2Hの条件の引き上げ(主に経済的証明)も議題にあがっているそう。

経済的証明の条件満たせなくなってしまうかもしれないし、為替的にも今は有利。

なのでリタイアはまだしないけどこんな理由で25歳だけど早めMM2H取得に向けて準備中です。