映画『何者』に学ぶSNSの使い方とツイッターでつぶやく人の心理|感想ネタバレあり

nanimono

映画『何者』に学ぶSNSの使い方とツイッターでつぶやく人の心理|感想ネタバレあり

映画『何者』を見てSNSの使い方やツイッターでつぶやく人の心理を考えさせられました。

就活がテーマの映画なのかと思ってたらSNS時代の人間心理の映画。

感想と一部ネタバレありなのでご注意ください。

映画『何者』とは

nanimono2

「桐島、部活やめるってよ」の原作者として知られる朝井リョウが、平成生まれの作家として初めて直木賞を受賞した「何者」を映画化。就職活動を通して自分が「何者」であるかを模索する若者たちの姿を、佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、山田孝之という豪華キャストの共演で描いた。監督・脚本は、「ボーイズ・オン・ザ・ラン」「愛の渦」といった映画でも高い評価を得ている演劇界の鬼才・三浦大輔。演劇サークルで脚本を書き、人を分析するのが得意な拓人。何も考えていないように見えて、着実に内定に近づいていく光太郎。光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せる実直な瑞月。「意識高い系」だが、なかなか結果が出ない理香。就活は決められたルールに乗るだけだと言いながら、焦りを隠せない隆良。22歳・大学生の5人は、それぞれの思いや悩みをSNSに吐き出しながら就職活動に励むが、人間関係は徐々に変化していく。

(映画.comより引用)

こちらが予告編動画です。

今更ながらU-NEXTの無料会員ポイント消化がてら観てみました。

『何者』に学ぶSNSの使い方とツイッターでつぶやく人の心理

つぶやきを冷めた目で分析する『何者』

佐藤健が演じる主人公拓人は分析するのが得意。

「そんなこといちいち書くなよな」等、人のSNSへの投稿することをバカにする傾向がある。

表向きはSNS投稿に否定的な拓人だが、実は裏アカウントではつぶやきまくっています。

そして、物語のクライマックスで拓人のツイッターの裏アカウント「何者」が友達にバレていたことがわかります。

その裏アカウントでのつぶやきの内容は

  • 一緒に就活を頑張る3人
  • 就活以外の道に進もうとする演劇サークルの友達やアンチ就活派の隆良

を冷めた目で分析した内容。

nanimono

自分では気がついてなかったけど僕は割と拓人に似ているなと感じ、今まで気がつかなかった自分の性格の悪いところを指摘されているような感覚でした。

自分を理想に近づけるための投稿せずにはいられない「何者」

二階堂ふみ演じる「意識高い系」だが、なかなか結果が出ない理香は拓人とは反対に、ツイッターにつぶやくタイプ。

僕はどちらかというと拓人タイプなので、友達のリア充ツイートに「なんでいちいちそんなことつぶやくんだよw」って思っていた方なのですが

クライマックスで理香が拓人のアカウントを知っていることを暴露するシーンでのセリフで「わざわざリア充つぶやきをするタイプ」の心理がわかったような気がします。

「観察者ぶったって何にもならないんだよ。

それをみんなわかってるから痛くてもかっこ悪い自分を理想の自分に近づけようとして頑張るんだよ。

それができないあんたの姿は誰にでも伝わってるよ。

そんな人どこの会社の人も欲しいと思うわけないじゃん。

私、そのツイッターのアカウント名(何者)見て悲しくなっちゃった。

とにかく自分じゃない誰かになれる場所が欲しいんだよね。

でも、私も内定出てないし同じようなものか。

だってツイッターで自分の努力を実況中継してないと立ってられないから…」

nanimono

成る程。つぶやくことで理想と違う自分に傷つくことを避けていたのですね。

ツイッターとは違いますが、一人なのに仲間といる風に写真を撮ったりするインスタグラマーみたいな人たちの心理はこのセリフに現れていると思います。

また、「それができないあんたの姿~欲しいんだよね」の部分が匿名でブログやってる僕にはかなり刺さりました。カナショって誰だよって感じ。

僕とか拓人みたいな人より、自分を守るためでも理想に近づこうとリア充つぶやきする理香や隆良、烏丸の方が前向いてて好感持てますね。

nanimono4

「同じく理想に近づこうとつぶやく派の隆良」と理香が付き合って3週間で同性している理由もそこにあるのでしょう。

朝井リョウのみんな誰かに似てるシリーズ

「桐島、部活やめるってよ」の時もそうでしたが、見た人たちが「登場人物の誰かに似ている」と感じる作品なのではないかと思いました。

朝井リョウさんの作品の特徴なのかも(この2つしか観てないけど)。

SNS時代の人間心理

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

何者 [ 佐藤健 ]
価格:3078円(税込、送料無料) (2017/5/14時点)

 

『何者』はSNS時代の人間心理がかなりよく捉えられている作品でした。見れば何か変わるかも。

nanimono

ABOUTこのブログをかいてる人

神戸在住25歳。カリスマを目指し「かっこよくなる方法研究」「サークルに入りまくる」「資格取りまくる」「個人輸出」「株」「FX」「LINEスタンプ作成」「ミニマリスト」「海外ビザ取得」等迷走しまくってる人。 GACKTとまねきケチャが好き。月間5万PV。