日本脱出して海外進出したい5つの理由

日本脱出して海外進出したい5つの理由

日本脱出して海外進出したい5つの理由

カナショが日本脱出して海外進出したい5つの理由。

日本人
日本に生まれてよかった〜
日本人
やっぱり和食が一番

とか言ってれば共感を集められそうな気がするけど本当にそうでしょうか。

経済面での理由

日本は金利が低すぎる

銀行の金利が低すぎる。

日本の銀行の中ではかなりマシな金利の住信SBIネット銀行の定期預金でも金利は0.020%。

仮に500万円を10年間預けても増えるのはたったの10,009円。

HSBCマレーシアの定期預金なら60ヶ月のもので3.40%。

仮に500万円分のリンギット(マレーシアの通貨)を10年間預けていれば1,985,144円増える。

当然、定期預金なので元本は政府に保障されている。(PIDMっていうのがそれを意味します。)

HSBCは「香港上海銀行」のことで日本からは2年で撤退してしまった為聞きなれない方は不安に思うかもしれないが、世界的な銀行で普通に安心(三菱東京UFJが潰れるとは思えないのと同じくらい潰れるイメージのない銀行)。

海外では、基本コツコツとお金を安全な投資対象に投入して資産を築くことが可能。

一方、日本では上記の通り金利も低すぎるのでリスクを取らないとほとんど資産は増えない為、生涯不利な労働からの収入に頼らなければならないことになる。

ピケティに学ぶ20代こそ貯金、投資すべき理由

2016.12.22

それに、仮に金利が上がれば国債価格が暴落してしまい、国債を大量に保有している日銀が破綻してしまうので今後もずっと金利が低いままの可能性大。

金利引き上げで債券価格が下落する理由

2016.11.19

不動産価格

日本だと家を買って次の日に売っても中古になってしまい、値段が一気に下がる。

不動産投資をしようとすれば家賃で元本回収を試みるしかない。

一方、海外では基本、中古だからといってそれほど価値は変わらない。

それどころか、経済成長による物価高騰が加われば、買った時より値段が上がるという現象が起きるのが基本。(絶対ではないが)

年間の経済成長率が平均5%の国なら10年経てば1.05の10乗で1.6倍くらいになるので基本価格が上がるのは当然。

日本でも高度成長期に買った人は不動産価格が上がっていたが、今後その期待は一部の都市部だけの話。

空き家も増えるし人口減少による需要減で下がる要因も多い。

投資目的でなくても、

「住むために家を買っても価値が下がって資産が減ってしまう」

し、かといって

「賃貸では自分に何も残らないお金を払い続けることになる」

ので日本に住んでるだけで経済的にはロスすることになる。

その上、地震で最悪価値ゼロになったり、ローンで買っていた場合二重ローンに苦しむ可能性もある。

安全面での理由

日本は自然災害の国

日本は地震も津波も起きて火山も噴火するし台風も来る。

気候の変動によって野菜が高騰したりする。

地震とか天災は日本にいると世界中どこでも起きることかのように錯覚してしまうかもしれないが、シンガポールやマレーシアの首都クアラルンプールもあるマレー半島では地震も起きないし、火山もないし四季もなく安定した気候。

将来性の無さによる理由

少子高齢化と人口減少

年金制度はもう無理

日本は今後ますます少子高齢化と人口減少が進み、年金制度も回らなくなる。

というのも、単に人口ピラミッドだけを考えるのならいつかはまた、楽な時代が来るようにも思える(筆者もこれ読んでくれてる方も多分もう死んでるけど)。

問題はその間、経済成長できなくなってしまうこと。

人口ボーナスと人口オーナス

「人口ボーナス」っていうのは

高齢者や子供(0~14歳、65歳以上)に比べて働く世代(15~64歳)のが2倍以上にある状態

のことです。

豊富な労働力で稼ぎだされたお金が教育や福祉よりもビジネスに再投資され経済成長が後押しされる。

一方、反意語である「人口オーナス」は

高齢者や子供に比べて働く世代が2倍に満たない人口構成の状態

にあること。

社会保障制度維持が困難となり、貯蓄力も下がる為、経済成長が鈍ってしまう。

日本は1990年頃から人口オーナス期です。

預金封鎖の可能性大

預金封鎖とは

日本の借金は増え続けてる。

で、この借金問題を抜本的に解決する方法は「預金封鎖」くらいしかない。

預金封鎖とは国民の銀行預金の引き出しを制限すること。

その引き出しを制限した国民の預金に課税することで強制的に国民の預金を取り上げ、国の借金を返すために使われる。

日本でも預金封鎖は行われた

最近では2013年にキプロスで行われた以外ではほとんどないので全然イメージがわかないが、

戦後の日本でも、昭和21年2月17日に行われている。

当時は

  • 戦争で積み上がってしまった政府の借金の帳消し
  • 復興予算の捻出
  • 所得格差の是正

が原因。

現在も大借金、予算不足、格差拡大中で状況は似ている。

その対策として取れる行動があるとすれば、海外に資産を移してしまうこと。

上記の金利のところで話したように、預金封鎖対策とは関係なくても日本にお金を置いておく旨味は少ないので一石二鳥。

日本脱出の準備を始めよう

というわけで日本脱出したいので準備中。

マレーシアリタイアメントビザMM2Hを25歳が取得する理由

2016.07.18

逃げるは恥だが役に立つっていうし。