スタイリッシュぼっち

生活、生きる業、アイドル、株他いろいろでてくるブログメディア

NISA枠でデイトレして手堅く儲ける方法

      2016/11/28

NISA枠でデイトレして手堅く儲ける方法

スポンサーリンク

NISAでデイトレ

nisai

NISA枠でデイトレしました。

NISAの本来の使い方とは全く逆です。

少しでも株勉強した人からするとバカじゃないの?と言いたくなる可能性大。

全然勉強もしてない株超初心者が手堅くほんの少しだけ株で儲ける分にはこの方法使えるかも。

NISAでデイトレして手堅く儲ける方法

nisa1
デイトレとはデイトレードのことで、株を1日のうちに買って売ってしまう売買手法。

上昇トレンドの確認

チャートが右上に向かっている銘柄を見つけましょう。

値動きの癖を研究

右上を向いている銘柄の数日間のチャートを表示し、その銘柄の過去1か月分くらいの1日の値動きを研究。

1日のうちの値段が下がりがちな時間帯を見極め、その時間帯に買います。

すぐに利益確定

少し値段が上がったらすぐに売って利益確定してしまいましょう。

手堅さ重視ですので1円とか2円とか上がったら売るくらいで大丈夫。

NISAでデイトレする理由

手数料0円

nisa
SBI証券の場合、NISA枠は取引手数料が0円。

なので、例えば最低単元株数100株として、1円上がってすぐ売っても100円儲かります。

NISA枠でなければ買う時と売るときに手数料取られて100円では損してしまいますが、NISA枠では手数料が0円なのでこういう単純なやり方でも儲けることができます。

無税

しかも、譲渡益も非課税。

値下がりした時の対処法

とはいうものの、値下がりすることもある。

下がったら長期保有

万が一長期間、株価が上がらなかった場合はNISAの本来の使い方である長期保有に切り替える。

その意味では「配当が高い」か「優待が魅力的」か「将来伸びていきそう」な銘柄にしておくと長期保有する旨味も増す。

5年間値上がりを待つ

5年以内に1円以上上がるのを待ち続けましょう。

このNISAでデイトレ手法は

「1回買ってNISA枠に入れておける5年以内に1円でも上がったら売る」

というお気軽で楽観的な投資方法です。

NISAデイトレのリスク

bakanisa

買ってから5年間1円もあがらないなんてことは確率的には稀なはず。

とはいえ、絶対にないとも言えない。

また、NISAの場合は利益が非課税というメリットを受けられる反面、損しても確定申告で損金にできないというデメリットもあります。

だからこそ、確実に儲けるために、欲張らないでほんの少し値上がりしたら売ってしまいましょう。

NISAデイトレで儲かる金額

手堅く儲けたければ1円とか2円程度上がったらすぐ売るというこの手法での儲けられる金額はいくらか。

2016年のNISA枠は120万円ですので120万円分買えます。

例えばアトム(7412)の場合

nisa

1株の値段が673円で最低単元株数100株なので67300円。

この100株67300円の塊を1年間のNISA枠1,200,000円の中で17個買えます。

つまり、株数にすると1700株。

これを1円上がったときに売れば1700円の儲け。2円上がった時に売れば3400円の儲けです。

少ない?

1円、2円上がった程度で売るという超手堅さ重視の投資手法なのですからこんなもの。

ちなみに画像を載せたこの日はアトムは前日比25円値下がりしています。

1日の最安値は671円、最高値は682円ですので11円の幅で株価が動きました。

これくらい動くこともあるので1円だけ上がったら売るなんていう方法の人は他のリスク背負って儲けようとしてる人より取り分が少ないのは当たり前。

無勉強で株やる手法

nisa3
書いておきながらもこの方法、別におすすめってわけはありません。

NISAの使い方としては一般的には長期保有の方が得。

それに逆行する、どこの株の本見ても載ってない手法です。

1回も株やったことない人が下調べも勉強しないでまずは株やってみようというときの手法。

NISAで株を始めよう

  • 余剰資金でやる

という部分だけは株の常識なのでお守りください。

NISAでデイトレする方法、やってみてもいいけど自己責任でお願いします!

 - 株式投資