ディズニーチケットを最も安く買う方法はオリエンタルランドの株主優待取得

オリエンタルランド株主優待

ディズニーランド・シーのチケットを最も安く買う方法は「オリエンタルランド株をクロス取引して株主優待を貰う」という方法です。

クロス取引は株の取引手数料のみを負担すればノーリスクで株主優待を取得できる取引方法。

僕は今回、3月末にクロス取引していたオリエンタルランドの株主優待が届いたのですが、なんと、1デーパスポートを1,185円で取得することができました。

普通に購入すると7,400円なので6,215円も安く買えてしまいます。

ディズニーのチケットの値段

ディズニーのチケットが貰えるオリエンタルランドの株主優待の内容

東京ディズニーランドを運営するオリエンタルランド(4661)の株を持っていると株主優待として「東京ディズニーランド」か「東京ディズニーシー」どちらかで利用可能な1デーパスポートが貰えます。

  • 権利確定日:毎年3、9月末
  • 必要株数:最低100株以上保有
  • 株主優待発送時期:6、12月下旬

で、保有している株数によって貰えるチケットの枚数も変わります。

オリエンタルランド優待貰える枚数

100株以上400株未満の場合は9月末は優待チケット無しなので注意が必要です。

また、長期継続保有していれば上記の枚数に追加で1デーパスポートがさらに35周年では2枚,40周年では4枚貰えます。

オリエンタルランド優待長期保有特典

注意
長期保有する場合は株価が下がるリスクもあるので注意。僕はノーリスク優先なのでこの特典は諦めて毎回クロス取引する予定。

オリエンタルランド株主優待ディズニーワンデーパスの内容

有効期限は株主優待が届く6月下旬頃からちょうど1年後。

オリエンタルランド株主優待

オリエンタルランド株主優待

大人や小人等の区別はないので親子で行く場合は大人がこの優待チケットを使って子供用のチケットを買うようにした方がお得。

オリエンタルランド株主優待

注意
  • 日付指定のチケットと違い、入場制限にかかる可能性がある
  • 年越し等の特別営業日には使えない

という点に注意。

ディズニーチケットをクロス取引で安く取得するために必要な資金

詳しいやり方は別の記事に書きますが、クロス取引では、一旦は株を買うことになるので株価×株数の資金が必要です。

MEMO
例えば、2017年3月は6,370(円)×100(株)=637,000(円)必要でした。

なのでチケット自体はかなり安く買えるけど65万円くらい持ってる人しかこの方法は使えません。

オリエンタルランド株主優待ヤフオクの落札価格

オリエンタルランドの株主優待はディズニーランドのチケットなので売買は盛んに行われていてチケットショップやヤフオクにも出回っています。

ヤフオクでは1枚6700円程度で落札されています。

オリエンタルランド株主優待買取価格

自分でクロス取引するのが難しい場合は単純にヤフオクで出回っている株主優待を買えば、700円くらい安く買えます。

MEMO
自分でディズニーに行く気のない人もクロス取引で安く株主優待のチケットを取得すればヤフオクで売って儲けられます。フリマ出品の手数料は10%、送料82円としても6,700円で売れれば5,948円の現金が手に入ります。

ディズニーのチケットを株主優待で貰うのにかかった費用

僕は今回、オリエンタルランド株主優待取得の為に権利付き最終日前日にクロス取引注文しました。

かかった手数料は

現物買手数料525(円)+信用売り手数料388(円)+貸株料272(円)=合計1,185(円)

でした。

オリエンタルランドクロス取引にかかった費用

つまり、1,185円で7,400円相当のディズニーランドのチケットを取得できました。

SBI証券クロス取引にかかった費用を調べる方法クロス取引で実際にかかった費用を調べる方法|SBI証券の場合

オリエンタル株主優待のクロス取引利益

ディズニーのワンデーパスポートは普通に購入すると7,400円なので

7,400(円)-1,185(円)=6,215(円)

の利益。

ヤフオクで売った場合は

5,948(円)-1,185(円)=4,763(円)

の利益。

カナショ

ディズニーランドのチケットを安く買う方法は色々あるみたいだけど多分これが最も安く買える方法です。ディズニー行きたい。