期間限定リクルートポイントの有効な使い方

期間限定リクルートポイントが余った

気がつかないうちに期間限定リクルートポイントが残っていてしかも期間がもうすぐという時はありませんか?

僕も今回リクルートカード新規発行時に貰えていた残り3日の期間限定リクルートポイントが中途半端に残ってしまっていました。

そこで、中途半端な期間限定リクルートポイントを無駄無く有効に使う使い方を考えてみました。

期間限定リクルートポイントはPontaポイントに交換できない

リクルートポイントは使用範囲の広いPontaポイントと交換することができるので普通なら使い方に困ることもあまりないはず。

ですが、期間限定リクルートポイントだけはPontaポイントと交換できないので他の使い方を考えなければなりません。

期間限定リクルートポイントはPontaポイントに交換できない

中途半端なリクルートポイントの使い道は少ない

リクルートポイントの使い道自体は

  • じゃらん
  • ポンパレモール
  • ホットペッパーグルメ
  • じゃらんゴルフ
  • キノギフト
  • ホットペッパービューティー

等色々あります。

リクルートポイントの使い道

ただし、このうちのほとんどが中途半端なポイントだとあまり役に立ちません。

例えば、僕は期間限定ポイントが200ポイントだけ残っていますがこの少額のポイントを使うために行きたいわけでもないホテルやゴルフにお金を払うのは逆に無駄。

期間限定リクルートポイントが余った

かといって200ポイントを捨てるのは勿体ない。

そこでこういう中途半端なポイントを有効活用しようと考えたのが以下の使い方。

中途半端な期間限定リクルートポイントはお食事券にして使う

ホットペッパーグルメには予め「お食事券」を購入しておける店があります。

リクルートポイントはお食事券購入に使える

購入したお食事券はスマホ画面上で表示でき、お店で見せることで代金の支払いに充当することができます。

で、このお食事券の購入にはリクルートポイントが使えるのでそれに中途半端な期間限定リクルートポイントを使う作戦です。

例えば、ラパウザみたいな1000円くらいで食べられる店で使えば200円分でも20%相当なのでポイントに踊らされていらない買い物をさせられた感じはあまりしない。

なので、「期間限定リクルートポイントはホットペッパーグルメのお食事券にして使う」というのが一つの方法。

でも、

カナショ

ポイント消費の為に意図しないお金は1円も使いたくない。

という時に使えるのが次の方法。

期間限定リクルートポイントはショプリエで他のポイントに交換可能

ここで登場するのがリクルートが運営する「ショプリエ」というアプリ。

ショプリエはポイントをまとめられるサービス

ショプリエは人気ブランドのポイントカードをひとまとめにしてくれるアプリで、まとまったポイントを別のポイントに交換して使うことができます。

期間限定リクルートポイントも他のポイントに交換可能

ショプリエを使えば、通常のリクルートポイントだけでなく、

「期間限定リクルートポイント」

も他のポイントに交換可能というのが良いところ。

中途半端な期間限定リクルートポイントはMUJIショッピングポイントにして使いきる

中途半端な期間限定リクルートポイントが残っている場合は「MUJIショッピングポイント」と交換するのがおすすめ。

リクルートポイントを無印良品のポイントに交換することも可能

無印良品での買い物なら500ポイント程度でも、現金を一切使わずにポイントのみを使いきれます。

カナショ

僕の期間限定リクルートポイントは最終的に無印良品のグリーンカレーになりました。