スタイリッシュぼっちとは

スタイリッシュぼっちカバー

スタイリッシュぼっちの自己紹介

  • 神戸市出身在住27歳
  • リスク分散型思考
  • 収入源の分散の意味で株(高配当株や米国株)等で年間120万円不労で発生させることが現在の当面の目標
  • 小学生の時はポケモンやドラクエのレベル上げばかりしていましたが、中学時代以降は腹筋を割ったり、17種類資格取得(無駄)したり、ヒゲ脱毛したり自分自身のレベル上げをすることが好き
  • 言ってみたところで事態の好転しない愚痴や現実逃避行動が嫌い。それより1mmでも事態を好転させることに時間を使いたい
  • 日本の将来が…とかただ心配していてもどうにもできないので地震も来ないし、物価や税金も安く、住まなくても高利回りで投資可能なマレーシアリタイヤメントビザMM2Hを取得しました
  • お得なポイントやクレジットカードが好きで裏技的なのを見つけるとうれしい

当ブログのコンセプト

当ブログは著者の人生ステージに合わせてテーマが進化していくブログメディアです。

米国株・高配当株投資で年間120万円の不労所得を作る

米国株・高配当株投資で年間120万円の不労所得を作ることが現在のメインテーマです。

これまで株ではクロス取引で株主優待を取得してきましたが、信用売り売り切れで機会を逃したり、優待に魅力がない月の方が多くてお金が低い銀行金利しか稼げずに眠ってしまう状態が続いてきました。

また、為替FXも日々訓練しているのですが、増えては減ってでなかなかロットを増やせるほどには明確な自身が持てません。

このままでは、投資面での成果が何も出ないまま時間が経ってしまう可能性を考え、勉強した結果、米国株・高配当株を買い増していくのが(過去前例のない展開が起きない限り近道ではないが、)着実な成果となりそうだとの結論に達し長期投資を開始しました。

マレーシアのリタイアメントビザMM2H取得日記

マレーシアビザ

生まれ育ったから贔屓目に見ているのを抜きにしてもお洒落で人も多過ぎずに適度に都会でしかも大阪や京都にもすぐに行ける立地である神戸は好き

だけど、生きてるうちに南海トラフ来る可能性大。

そこで、地震も来ないし、税金も物価も安く、学生時代に実際に現地に行き問題なく暮らせることを確認したマレーシアのリタイアメントビザMM2Hを取得する過程を書いています。(無事取得できました)

実際に現地に住むのはまだ先の話になりそうですが、定期預金の利息が3.9%とかあり経済成長率も高いので投資するだけでも十分取得価値はあると思います。

HSBCマレーシアHSBCマレーシアに銀行口座開設する方法 マレーシアビザMM2H申請に必要な書類マレーシアビザMM2H取得方法~申請から仮承認までの流れ~

「お得」が好き

マレーシアビザ取得に必要だったのは貯金で、株を買うのに必要なのもお金です。

効率よく貯金するためにもクレジットカードのポイントや銀行について勉強しているうちに

「お得」そのものが趣味になってきたのでお得なポイントやマイルについても書いています

最近では、マイルにも興味を持ち始め、マイルとポイントで無料でシンガポール旅行をする作戦を実践中です。

本当に10万円貰えた自己アフィリエイトのやり方

ミニマリスト思考を取り入れてスタイリッシュに生きる

手ぶら通勤の荷物

無駄を省き、本質的に発展に繋がることに時間、資本、労力を集中投下することこそが仕事、勉強、恋愛、趣味何を成就させる上での一番のコツなのではないかと思います。

その思想にたどり着く原因となったのが少し前に流行したミニマリストです。

ミニマリストを自分もやってみたのですが、今でも忘れずに持ち続けている思想です。

お金のことを気にしながら遊んだり、遊びのことを考えながら仕事すると中途半端になり最大限のパフォーマンスとはならないはずです。

株を買って不労所得を得ようとしたり、マレーシアビザを取得して日本脱出経路を確保したりするのは将来気にせず遊ぶためでもあります。

また、当時はミニマリストという言葉は知りませんでしたが、大学院生になってからもサークルで遊び続けたのも当時の計画では将来(今)仕事やお金稼ぎに集中するためでもあります。

一点、一点集中する上で自分をブレさせない効果を発揮してくれる「ミニマリスト」というキーワードはこれからも僕の役に立ってくれるはずです。

また、常識に流されずに自分にとっての「幸せ」とは何か?本当に効率が良いのはどんな方法かということを考える時にも役立つ視点です。

手ぶらで通勤するのは楽です。

というように、自分が生きてきた中で見出したライフハックを書いてます。

誰かの役に立ったり、共感してくださる方がいれば自分に自身が持てて嬉しいし、より良い方法や誤りを指摘してくださる方がいればそれはとてもありがたいことです。

FacebookB!HatebuTwitterにほんブログ村