六甲山登山、芦屋川〜有馬温泉コースを初心者が登ってみた

六甲山ロックガーデン入り口

全くの登山初心者3人組が阪急芦屋川駅-六甲山最高峰-有馬温泉コースで登山してみました。

初心者向けの六甲山登山、芦屋川-有馬温泉コース

六甲山最高峰への登山ルートは主に

  • 阪急岡本駅出発
  • 阪急芦屋川駅出発
  • 有馬温泉出発

の3ルートがあります。

芦屋川ルートを採用

今回僕たちは登山初心者でも難易度が低いという、阪急芦屋川駅→高座の滝→風吹岩→ロックガーデン→本庄橋跡を通って六甲山に登り、有馬温泉に到着するコースにチャレンジしてみました。

六甲山阪急芦屋川からの登山コース

有馬温泉に住んでる人以外は岡本か芦屋出発の方が帰りに温泉に入れるのでおすすめ。

初心者3人の登山時の服装

誰も普段は山登りなんてしない友達同士なので特に山登りの服ではなく、動きやすい私服で行きました。

ジーンズ、シャツ、リュック、裏がシャークソールになってるカジュアルシューズ。

初心者だけで六甲登山開始

阪急芦屋川駅出発

朝の8:30阪急芦屋川駅に集合。

駅降りて少し南に進んだところにあるローソンで飲み物を買って登山開始。

ローソンはお客さんは登山らしい格好の人だらけで結構混んでいました。

芦屋住宅街を通り六甲山へ

芦屋川沿いの住宅街を通って六甲山を目指します。

普通の道なのに登山の格好の人がぞろぞろ歩いてて不思議な風景。

芦屋川駅から六甲山までの道

芦屋、家でかいな

友人A

とか言いながら歩いてたら、早速

しんどい!!

友人B

坂道とはいえ普通の道を15分程度歩いただけの段階なのに。

ロックガーデンの入口

六甲山ロックガーデン入り口

駅から15分ほどで「ロックガーデンの入口」に到着し、登山らしくなってきます。

ここには売店がありますが、既に六甲山価格でペットボトル200円。

飲み物もおやつも芦屋川駅降りてすぐのローソンで買ってのがおすすめです。

高座の滝

ロックガーデン入口を抜けてすぐのところに「高座の滝」という滝もあったので滝に打たれてるみたいにしておきました。

六甲山の高座の滝

風吹岩

高座の滝を過ぎたら次の目的地は「風吹岩」。

途中、ボルダリングっぽいところもあります。

六甲山風吹岩

ロックガーデン神戸でボルダリングハーバーランドのロックガーデン神戸でボルダリング

本格的な登山してる気分が味わえます。(こういうのはここだけで他は歩くだけなので初心者の方もご安心ください)

これが風吹岩からの景色。

六甲山風吹岩からの景色

こういう風景を見ると「山登った〜」って感じしますが、ここはまだ半分も来ていません。

雨ヶ峠

風吹岩の次の目的地は「雨ヶ峠」。

ここまでは割となだらかな道だった印象。

雨ヶ峠は休めるベンチがあるだけだったみたいでチェックポイントであることに誰も気がつかずにスルーしてしました。

風景が見えるって感じのところではなく森の中。

六甲山最高峰

雨ヶ峠を過ぎたら次はいよいよ「六甲山最高峰」を目指します。

七曲りという七往復の道がきつい。

くねくね曲がるので途中に何度も

着いた~!

友人A

と言ってしまいそうな雰囲気のところがありますが、この光景が見えたら正解。

六甲山最高峰

最高峰に到着しました!

六甲山最高峰の一軒茶屋で一休み

最高峰には「一軒茶屋」という店だけがあります。

六甲山一軒茶屋

うどんやかき氷が売ってます。

長い道のりを登りきった登山者たちが吸い込まれていきますが何も買わずに座っていると怒られるので注意しましょう笑。

今回も、中学生の15人程の集団のうち何人かが何も買わずにお弁当広げ出していると、

はい、同じグループの方一緒に買いに来てください!あなたは何買うの?注文しない人は出て行ってください〜!

店員おばちゃん

って言われてました。

六甲山最高峰にある一軒茶屋店内

これを見越して朝から出発する場合はお昼ご飯は持たない方が良いかもしれません。

六甲山を下ると有馬温泉の温泉街があります。

有馬温泉

温泉は幾つかありますが、太閤の湯を選びました。

有馬温泉太閤の湯

バスタオルはほとんどの温泉で貸りられるので持たなくても大丈夫です。

有馬温泉

バスが1時間に1本とかなのでバスでお帰りの予定の方は先に時間を確認しておくようにしましょう。

初心者でも六甲山登山は気軽に登れた

六甲山は阪急芦屋川から出発でき、到着地点には有馬温泉があるという素晴らしい立地です。

持ち物も温泉からあがった後の着替えだけで良いし、距離的にも初心者向けでした。

神戸周辺で遊びのネタに飽きたら六甲登山おすすめです。