六甲山フィールドアスレチック全まとめ、大人でも普通にハード過ぎるとの噂は本当だった

六甲山にあるフィールドアスレチックが大人でもハード過ぎると聞き確認してきました。

六甲山フィールドアスレチック全まとめ

大人でもハードなアスレチック

六甲山フィールドアスレチック全まとめ
OBA
神戸に大人でもハードな六甲山フィールドアスレチックっていうのがあるらしい

との情報が入り、早速確認しに行ってきた。

六甲山フィールドアスレチックへの行き方

阪急六甲、JR六甲、阪神御影から出ている神戸市バス16系統、106系統のどちらかに乗り、「六甲ケーブル下」で下車します。

六甲ケーブルに乗り、「六甲山上駅」へ、

六甲山フィールドアスレチック時刻表

そこから六甲山上バス

六甲山上バス時刻表

に乗り「ロープウェー山頂駅」を下車したところにあります。

かなり見つけにくいですが降りるとフィールドアスレチックの方向を示す看板あります。

六甲山フィールドアスレチック場所

営業時間に注意

六甲山フィールドアスレチック営業時間
  • 営業時間:10:00~17:00(受付15:30までなので注意)

遅くても14:40発の六甲ケーブルには乗らないと間に合いません。

  • 営業期間:2016年は11月23日まで
  • 定休日:木曜日(4月28日、7月21日~8月31日、9月22日は営業)、4月11日~13日
  • 料金:大人930円/小人510円

服装に注意

思ったよりハードだし、アスレチックじゃない部分も山道なので動きやすい格好で行きましょう。

スカート・ヒール・革靴NG。

ロープで擦れて痛いので長ズボンがおすすめ。

六甲山フィールドアスレチックを全紹介

六甲山フィールドアスレチック全体図

それでは、六甲山フィールドアスレチックを全紹介。

六甲山フィールドアスレチック入口

「エコロジカルランニング」

六甲山フィールドアスレチック_エコロジカルランニング

いきなり、この足場のアスレチックを3週します。

カナショ
このアスレチック…子供向けではない…!
「バランスボード、威風堂々」

六甲山フィールドアスレチック

「末広橋渡り、耳の穴くぐり」

六甲山フィールドアスレチック

「耳の穴くぐり」は実物の写真撮るの忘れたけどこの画像みたいな感じでした。

「砦のぼり、ハラハラわたり」

六甲山フィールドアスレチック

「人に八つ当たり、関所越え」

六甲山フィールドアスレチック

「人に八つ当たり」の写真も撮るの忘れましたが実物も説明の絵みたいな感じです。

「ヒソヒソわたり、渓谷渡り」

img_9720

「忍者わたり、漂いわたり」

img_9721

カナショ
ネタ切れ!?

○○わたりばっかり。似たようなのが続きます。

「大の字歩き、山坂のぼり」

img_9722

「六甲山越え、大木ゆすり」

img_9723

「草むらくぐり、弓糸ひき」

img_9724

草むらくぐりは細身な(方のはず)の筆者でもぎりぎり。

「とびのきわたり、大木抱え折り」

img_9725

「冒険王、倒木のぼり」

img_9726
子供
ゆみもやる~
子供
待って、俺まだ1回しかやってへん!(2回やってる)

ってなってなかなか代わってもらえなかったくらい冒険王楽しい。

「樹上ながめ、地面たたき落ち」

img_9727

「ブルブルのぼり、とっくりわたり、川渡り」

img_9728

「くもの巣、大谷越え」

img_9729

「山また山、船ばた渡り」

img_9730

「三球勝負、大波くぐり」

img_9731img_9094

ここまでパーフェクトだったのに三球勝負当てられず、ついに減点になってしまった。

「岸へむかって、カニ歩き、小船わたり」

img_9732

「岸へむかって」の船を持ってくるのが重い。

「力くらべ、うなだれぶらさがり、六甲くぐり」

img_9733

最後の方疲れてきて、実物の写真撮るの忘れてましたが説明の看板の通りです。

六甲山フィールド・アスレチック感想

大人でもまあまあハード

アスレチックなんて子供がやるもの…なんて考えだと大人でもまあまあハード。

噂は本当でした。

子供に遠慮してしまう

カナショ
前にいる子供が行ってからにしよう~

って思って待ってると後ろから早く行きたい子供達がどんどん抜かしてきてしまいます。

遠慮なく自分の順番は主張しましょう。そういう点でも大人にはハード。

六甲山フィールドアスレチックの所用時間

六甲山フィールドアスレチック所要時間

筆者は1時間17分でゴールできました。

六甲山フィールドアスレチックおすすめ

神戸で遊ぶネタなくなったり、運動不足を感じているとき、六甲山フィールドアスレチックおすすめ。

ややハードですがよろしければ行ってみてください。この記事が何かの参考になれれば幸いです。

ABOUTこのブログをかいてる人

ミニマムデザインのモノが好きな神戸の26歳ミニマリスト。
余計なものは断捨離し、自分の好きなモノや事柄に埋め尽くされたスタイリッシュライフを目指している。
ぼっちで好きな場所で稼げるFXとブログが好き。
詳しいプロフィールはこちら