スタイリッシュぼっち

生活、生きる業、アイドル、株他いろいろでてくるブログメディア

専門ブログが雑記ブログになってしまう理由

   

専門ブログとして始めたつもりのこのブログもだんだん雑記ブログ化が進んできています。こういったケースはよくあることのようなので専門ブログが雑記ブログになってしまう理由について考えてみました。まだ専門ブログで消耗してるの?

専門ブログが雑記ブログになってしまう理由
madamada

  • 専門的知識がない
  • 書きたいことが別にある
  • そもそもテーマが厳しい
  • 書くことがあまりない

このあたりに専門ブログが雑記ブログ化してきている皆様にも当てはまりませんか?

知識持ってるつもりで始めたものの自分以上の知識がある人がいくらでもいて、それをすでに誰かが書いていたりして書く気が失せる。その結果書くことない

でも、ブログ始めたからには続けたい

無理矢理書きだす

楽に書ける書きたいこと書いてしまう

脱専門ブログ、そして、雑記ブログ誕生

mada

僕も専門ブログをやるつもりだった

初めは「貯金」というテーマに絞り込んで、自分がファイナンシャルプランナーであること、会計大学院でてること生かして貯金のこと書いていく専門的な方針のブログでやっていく予定でした。

専門家以上に専門的な事は書けない

ところが、いざやってみると「貯金」という専門分野ではリアルでもファイナンシャルプランナーとして活躍している人の方がもちろん詳しい、保険のこと書こうにも保険会社の方が詳しい、株のこと書こうにももっと経験ある投資家の方が詳しい。自分がそれらの方々が書くような専門ブログを超えるものなんて書けないし、今更このブログに書かなくてもすでに誰かが書いていて調べればすぐ分かることばかりで書くことがなかなかない。ここまでは僕も想定していました。

同じ目線で書く作戦でも専門性崩壊
madasenmonoそこで、「貯金」に「25歳」という年齢を付け加えて同じ目線の人たちに向けて発信していこうという結論に至りました。しかし、ここで問題が発生しました。貯金の為に頑張っていること、貯金体験談をひととおり書いたらただの僕の日記にしかならない。「25歳特有の貯金に関する業なんてない」という事です。それでだんだん関係ないことも書くようになり晴れて(?)「25歳の貯金」という妙な名前の雑記ブログになりました。まあよく考えればこうなることは分かっていたはずです。

これから専門ブログ始められる方は本当にそのテーマで専門的に継続してかいていけるかどうかしっかり考えてから始めましょう。

まだ専門ブログで消耗してるの?

雑記ブログだと認めてしまう時が楽です。専門的なことを書かなければと縛られた感じがありますが雑記ブログは何書いたっていいんですものね。さあ、専門ブログに苦しんでいる方はこちら側においでませ。楽ですよ。まだ専門ブログで消耗してるの?

ブログ始めるとブログのこと書きたくなるのって僕だけでしょうか?

 - ブログ