サークルの新歓のコツ7選

サークルの新歓のコツ7選

サークルの新歓のコツ7選

新歓の季節

新歓の季節がやってきました。

そこで、大学のサークルに社会人になっても依存し続けて8年間で10個のサークルの新歓活動に参加しきたことを振り返り新歓のコツをまとめておきます。

楽しい雰囲気を出す

珍しいサークルならサークルの内容をやりたい人が勝手に集まってくる。

でも、ほとんどのサークルが内容的には他と被ることが多い。

例えば、テニスサークルは同じ大学の中にも大抵複数ある。

となると大事なのは雰囲気の方。

そのためにも新入生に見せるための楽しそうな雰囲気の写真を準備しておきましょう。

ユニフォーム

柔道部は柔道着で、剣道部は道着で。

無い場合はサークルのTシャツとかパーカーとかあるとわかりやすい。

方向性を伝える

同じテニスサークルでも遊びがメインなのかそれともテニスを真剣にやるのかで入りたい人は変わる。

そこを上手く伝えられていないと入った新入生がこんなはずじゃなかった…ってなって参加しなくなってしまいます。

押しすぎない

押しすぎると「新歓のうざいサークル」になってしまいます。

先輩風を吹かす

新入生はまだ大学全般に対して不安がある。

そのため、授業の情報や同じ学部の先輩がいると言うだけでも魅力に見えます。

なので、その学部の部員がいるなら推して行きましょう。

SNS活用

FullSizeRender 3

ツイッターとかインスタで入学式前からサークルを広めておくのは有効な手段。

新歓の日に初めてサークルを知らしめようと新歓始めるようでは新歓ガチ勢としては一歩出遅れています。

入学前の何の情報もない新入生にとっても大学の先輩と繋がっておけたり、友達できるかどうかの不安を取り除くことになるはず。

新入生も向こうから問い合わせてくれる可能性も上がります。

ホームページは楽しいだけ

「これ大学生のサークルのホームページなの!?」

っていうハイレベルなものがありますがそこまでやっても実は効果はない。

内輪では楽しいけど実際のところそんなに見られてないことが多かったです。

サークル新歓も本気で取り組むのおすすめ

集客して、魅力を伝えて、入会してもらう。

これを上手にできる人はビジネスでも重宝します。

ビジネスだと、入会の部分がモノを販売するとかサービスを提供するとかに変わる。

何事も一生懸命取り組めば役立つもの。

新勧も本気出せばそれ自体思い出になるし頑張りましょう。