スタイリッシュぼっち

生活、生きる業、アイドル、株他いろいろでてくるブログメディア

SMAP解散による経済効果、ファンクラブ、コンサート、CD、CMだけでも27億

      2016/11/28

SMAP解散による経済効果、ファンクラブ、コンサート、CD、CMだけでも27億

スポンサーリンク

SMAP解散の経済効果

SMAP解散が騒ぎになっていますが、SMAP解散による経済効果がどれくらいになるのか計算してみました。

ファンクラブで4億

ジャニーズのファンクラブは通し番号で会員番号が決まるそうです。

2015年7月時点で99万600番台が出ていることから現在は推定99万7000人はいると考えられます。

年会費は4000円なのでファンクラブだけでもSMAPは997000人×4000円=3988000000円、つまり4億近くのお金を動かしています。

コンサートで7億

また、SMAPは世界最多の通算コンサート動員数を持っており1000万人以上をコンサートに動員しています。

また、2002年、2003年は連続で100万人以上を動員しており、2002年には一度のツアーだけで115万人を動員しています。

毎年開かれているわけではないものの仮に年間80万人を動員するとして、チケットの値段が9000円であるとすると80万人×9000円=7200000000、7億2000万円のお金が動いています。

CDで3億

CDの売り上げも総売り上げ枚数では2015年に54thシングル「華麗なる逆襲/ユーモアしちゃうよ」で3500万枚を突破しており、2003年の「世界に一つだけの花」は260万枚を売り上げている。

1100円であったことから260万×1100円=2860000000円、3億近い金額がCDだけで動いている。

2015年9月の最新シングル「Otherside/愛が止まるまで」

Otherside/愛が止まるまでは (通常盤) [ SMAP ]

Otherside/愛が止まるまでは (通常盤) [ SMAP ]
価格:1,296円(税込、送料込)

も特別ヒットしているわけでなくとも17万枚売り上げており、1枚1300円であることから221000000円、2000万円が動いている。

CMで15億

さらに、SMAPはCM1本の出演料が1億2000万円(ソフトバンクCM)、メンバー単独でも5000万円といわれており出演CM数は現在木村7本、中居8本、稲垣4本、草彅4本、香取5本と合わせて28本。

金額にすると120000+5000×28=152000万、15億2000万円が絡んでいる。コンサート、ファンクラブ、CD、CMだけでも年間27億円は経済効果がある(動いている)と推測される。

50億との見方も

それに映画、ドラマ、雑誌等、ダフ屋や個人間のグッズの売買まで合わせれば50億の経済効果があるといっても多すぎないくらいかもしれない。

SMAPくらいになると経済効果も半端じゃないのですね。

ここまでくると解散してもしなくても結局5人が多大な経済効果をもたらすのには変わりなさそうです。

SMAP解散の経済損失は636億

ここから追記。

結局SMAP解散することになりましたね。

このブログが始まったばかりの頃、大したソースもなく生意気に50億とか書いていましたすみません。

数理経済学者で関西大学名誉教授の宮本勝浩氏(70)は636億円の経済損失がでるとの見方を示しているそうです。

 - エンタメ, 経済