宗教の勧誘に付き合ってみたらお風呂は入りそうになった

宗教の仕組み

宗教の勧誘に付き合ってみたら、お風呂入りそうになりました。

宗教の勧誘に立ち止まってみた

宗教のBBQ

どんなものでも食わず嫌いはしてはいけないと思っている。

食べもせずに不味いと言ったり、やりもせずに面白くなさそうとか、できるわけがないと言う自分にはなりたくない。

なので、これまで聞きもせずに断っていたけどもしかしたら素晴らしい世界が待っているかもしれないし、最悪ネタにできそうな宗教の勧誘に立ち止まってみた。

宗教勧誘は迷惑行為ではないはず

宗教の勧誘=迷惑行為

と考える人が大半だと思うし、僕もそう思ってきた。

でも、信者は儲かるわけでもない上に日本だと偏見を持たれてしまいがちなリスクを負いながら宗教に時間と労力を割き、

それをわざわざ見知らぬ人にまでお勧めするくらいには良い活動だと思っているからこそ勧誘しているはず。

対価なんて求めずに、心の底から良いと思うものを広めようとしているだけだ。

宗教の勧誘にノッてみた

宗教の勧誘についていく

だから、

信者「少し教会で話聞きませんか」

カナショ「興味本位ですが、話だけ聞いてみます」

思い切って乗り込んでみた。

勧誘してきたのは台湾人

勧誘していたのは3人の台湾人。

教会に向かう途中、

カナショ「ちょうど夏に台湾に行ったんです」

と言って台湾トークでもしようかと思ったがスルー。

信者「へ~そうですか。一緒にここ読んで、はい、主イエスよ~…」

1人は日本に住んでいて医療関連の仕事をしている。

あとの2人は布教活動の為だけに毎年4月に1か月間日本に来るらしい。

教会のイメージ変わった

「教会に行く」と言われて想像したのはドラクエのセーブしに行くようなところでしたが普通の家でした。

勧誘先の協会

教会につくと別の台湾人のおばちゃんが待っていてノリノリで迎えてくれました。

洗脳開始

聖書で洗脳

信者「一緒に読んでください。」

早速、チョコレートを食べながら「人生の奥義」という本を順番に1文ずつ読んでいく。

小学校の国語の授業のような感じ。

カナショ「おおイエスよ…」

一文読むごとに他4人の間に「アーメン」が入る。

おばちゃんのアーメンの音量が高くて少し怖い。

僕も気がついたら「アーメン」と言っていた。怖い。

アーメンって何?

一旦冷静になる為に聞いてみた。

「一緒に恵みを享受する」、「同感です」という意味らしい。

あとはバプテスマだけ

  • イエスの教えを理解して口にする
  • バプテスマをする

この2つの条件を整えるとクリスチャンとなり救われる。

逆にどちらかがかけていれば救われないらしい。

「口にする」という条件は「人生の奥義」を読み終えたことでクリアしたようだ。

人生の奥義

信者4人皆が笑顔になり、おばちゃんが大きな声で

「あとはバプテスマするだけ~!」というと場が盛り上がった。

続けて「準備してあります」と。…ん!?

宗教の勧誘についていくとお風呂に入りそうになる

バプテスマというのは3分間水(お湯)の中に入って出てくるとクリスチャンになれるという儀式。

信者「こっちです」

宗教の勧誘の儀式

信者「脱いで、入って」

カナショ(展開早wwまだクリスチャンになるなんて言ってないのにww)

信者「あとは、バプテスマするだけ〜」(大きめの声)

カナショ「えと、あ…のそろそろ行かないと…!」

と大げさに何か思い出した風にして玄関に向かいLINEの連絡先だけ交換して帰ってきた。

宗教は救われるけど無駄

宗教を信じられれば精神的に安定し、それによって他のことも上手く行き幸福度が上がる。

それで、「やっぱ〇〇教すごいな~」「信じたから救われた~」って図式が改めて分かった。

宗教の仕組み

でも、本当は宗教のおかげじゃなくて自分のおかげなので、宗教に時間や労力をささげるのは無駄。

「信じることで救われる」のが『人生の奥義』であるのは間違いないけど、信じるのはイエスじゃなくて自分にした方が効率的。

 

日本に生まれてよかった

無宗教万歳

初詣もクリスマスもただの遊びイベントの日本に生まれてよかった。

宗教の仕組み

ABOUTこのブログをかいてる人

ミニマムデザインのモノが好きな神戸の26歳ミニマリスト。
余計なものは断捨離し、自分の好きなモノや事柄に埋め尽くされたスタイリッシュライフを目指している。
ぼっちで好きな場所で稼げるFXとブログが好き。
詳しいプロフィールはこちら