宝くじ買うそれらしい理由。30万円分買った

年末に宝くじ30万分買いました。

takarakuzi30man

「貯金ブログ」書いているくせに結構大胆。

宝くじ買う理由がよくわからないとか宝くじ買ってる人にも読んでほしい。

(追記:この記事書いた頃の筆者の考え。2017年現在の筆者とは全く別人。成長を感じるためにもこの記事は残しておきます。)

宝くじ30万円分買った結果

早速ですが、30万円分の宝くじ、結果は…

カナショ

6万円分当たった~

反対にこれは全部ハズレ。

IMG_5475

ということで24万円損しました。

なのに宝くじ売り場で交換した瞬間は「6万円当たって嬉しい」という気持ちでした。

宝くじを買う理由

sds_tedejesucya-surudansei_tp_v

結局大損ですが、想定の範囲内です。

当たれば小さな経費にすぎない

1等が当たれば7億。

それまでに100万使かおうが1000万使おうが当たりさえすればわずかな経費に過ぎない。

それに、6億9000万円分の宝くじ、1枚300円なので230万枚買っても7億が当たれば1000万円の儲け。

別世界を見たい

30万を持っていたところでできることは限られている。

毎月5万円貯金して、6か月経てば30万円。

100万円到達までにはそこからさらに14ヶ月かかる。

じゃあその100万円で何ができるだろうかと考えるとたいしたことはできない。

100万円貯めるのは使い道を考えてからにしろ

7億になればできることは増えるけど100万円でできることは増えない。

何かと目標になりがちな年収1000万円だけど、手取りは月50万円くらいになる。

勿論平均よりは少しいい生活ができるもののそこに大した差は感じない。

だったら夢を買いたいという思考。

時間の節約

だったら100万円でビジネスを始めればいいじゃないかという発想は確かにあった。

でも、起業は100万円だけを犠牲にできるものではない。

機会原価を考えれば、現状の仕事を放棄することにもなるし新たに時間や労力もかかる。

それら全てをお金の力で短縮して短期間で結果が見えるところに価値を感じています。

時間や労力を全て省くという意味では株も近いものがありますが、結局結果を出すまでには勉強が必要。

しかも、1年で2倍に出来ればかなりの好成績って世界なので起業よりはよいけど結局相当な時間と労力は使う。

以上が宝くじを買う理由なのですが、このままでは損し続ける可能性大です。

宝くじが当たる確率と期待値を計算

mar160116400436_tp_v

そこで「宝くじは基本的に損する」というのはどの程度のものなのか当たる確立と期待値を計算してみました。

宝くじ1等が当たる確率

1等で当たる金額である7億円で宝くじは何枚買えるのかと言うと

7億÷300=233万3333枚

1等は1ユニット(1000万枚)の中に1枚だけ。

なので当たる確率は

233万3333÷1000万枚=23.3%

7億円分買っても外れることの方が多い。

よって

カナショ

6億9000万円分の宝くじ、1枚300円なので230万枚買っても7億が当たれば1000万円の儲け

という考えも冷静に分析していれば浮かんでこないはず。

30万円分(=1000枚)買っても1等が当たる確率は

1000÷1000万=0.01%。

30万円買った時の当たる確率

2等が当たる確率と期待値

ちなみに、2等は1ユニットに2枚当たりがあるので当たる確率は1等の2倍の0.02%。

だけど、当選金額が2000万円で1等の7億円の35分の1。

当たる確率は2倍でも当選金額が35分の1なので期待値的には1等より17.5倍やる価値のない勝負。

3等が当たる確率と期待値

3等は1ユニット100枚当たりがあるので当たる確率は1等の100倍の1%。

当選金額は100万円なので1等の700分の1。

当たる確率は100倍でも当選金額は700分の1なので期待値的には1等より7倍やる価値のない勝負。

30万円分買って100万円が当たる確率は1%しかないし当たったところで100万円じゃ見える世界は変わらない。

1位じゃなくても2位とか3位とか当たればいいなどという考え方は実は

カナショ

1位あてるぞ~

って言ってる人以上に脳内お花畑。

宝くじの危険性

損しているのに得した気分

今回30万円分も買って6万円当たった。

つまり24万円損した。

なのに、買ってから時間が空いて30万円なんて元からなかったかのように感じてしまうのか

損したという気持ちよりも「6万円得した」という気持ちになってしまう。

これが宝くじの危険性。

この感覚がギャンブル依存する人の気持ちなんじゃないかと思います。

全体でみれば負けてるのにたまに買ったときの勝利感。

習慣化する危険性

今は、この記事を書きながら

カナショ

宝くじはもう絶対買わない!

と思っているのですが、習慣化してしまっていて、「あ、そろそろ買わないと」って思ってこの前も新たに12万円分買ってしまいました。

IMG_5472

神頼み癖がつく危険

カナショ

前回は買う場所が悪かった

とか思って今回は有名な売り場である大阪駅前第4ビル特設売り場で買ってきました。

IMG_5456

宝くじの世界では有名なスポットで関西圏各地からわざわざここに買いに来る人も多くよく行列ができています。

IMG_5457

このオブジェを見て当たる気がしてきたり、

IMG_5458

祈願のハンコを押せば当たる気がしてきたりする。

「宗教等不要。自分のみを信じる」

そんな自分が宝くじに外れるごとに「神頼み」な人になっていくのを感じます。

当たっても危険

仮に宝くじ当たっても

  • 人間性が変わる危険
  • 人から狙われる危険

もある。

筆者はついブログのネタにしたくなりそうですが当たっても言っちゃだめ。

宝くじを買うのはやめよう

というわけで宝くじを買うのはやめましょう。

実験台は僕だけで十分。