宅建士独学1カ月で合格した勉強方法と体験談

宅建独学1か月で合格した勉強方法

法律完全初学者でしたが、宅建士独学1カ月で合格できたので勉強方法と体験談をまとめました。

宅建士独学1カ月で合格する上での心構え

宅建士独学1カ月で合格する上での心構え

まずは心構えから。

宅建合格に必要な勉強時間は一般的には初学者の場合は300時間と言われています。

そんな試験を独学1ヶ月(30日)で合格を目指すのですから、この1ヶ月は自由時間の95%を宅建の勉強だけをして過ごしましょう。(単純計算で1日10時間勉強するくらいの覚悟は必要)

遊びは勿論他の勉強も一旦断ち切りましょう。

中途半端にやって落ちれば来年もまた勉強することになり宅建合格のために使う時間も労力も二度手間になります。

僕は9月下旬に旅行の予定があり、10月から勉強し始めたので3週間でしたが毎日8時間勉強しました。

宅建士独学1ヶ月合格に使うテキスト

宅建士独学1ヶ月で合格に使ったテキストは2冊だけです。

TACのスッキリシリーズで、

登場する動物のキャラクター達が不動産業開業、役員が犯罪を犯す、不動産を売買、トラブル等になりながら宅建試験に関する全範囲を網羅してくれます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

スッキリわかる宅建士(2016年度版) [ 中村喜久夫 ]
価格:3240円(税込、送料無料) (2016/8/26時点)

 

もう1冊は同じシリーズの「過去問コンプリート」というもの。

 

僕が受験したのは2013年ですが、毎年最新版が出ています。

宅建士独学1ヶ月合格するならテキストは2冊を完璧に

宅建独学1ヶ月合格するならテキストは2冊を完璧に

1ヶ月しか時間がないので無駄なことをする時間はありません。

テキストは上記の2冊のみに絞り、他のテキストは一切みてはいけません。

その代わり上記のテキストを

  1. テキスト編を読んで理解する。
  2. テキスト編に対応する過去問コンプリートを完全に理解する。
  3. 次の項目に進み同じことの繰り返し全項目を終了させる。

これを1週したら

  1. 2週目は問題のみを前から順番に解いていく。
  2. 何も見ないで「何故その選択肢が正しいのか」「何故間違っているのか」が分かった問題にはチェックを入れる。
  3. チェックを入れられなかった問題はその場で理解するまで解説を読む。
  4. 3週目はチェックの入っていない問題だけを前から順番に解いていく。
  5. 2週目同様「何故その選択肢が正しいのか」「何故間違っているのか」が分かった問題にはチェックを入れ…を全ての問題にチェックが入れられるまで4週、5週、6週と繰り返す。
  6. 全ての問題にチェックが入れられたら今度はまた最初から全ての問題を解いていき、「何故その選択肢が正しいのか」「何故間違っているのか」が分かった問題には2つ目のチェックを入れる。
  7. 全ての問題に2つ目のチェックが入れられるまで4週、5週、6週と繰り返す。
  8. 全ての問題に2つ目のチェックが入れられたら過去問に挑戦します。

宅建士独学1ヶ月合格するなら過去問は1年分で十分

よく、「過去問は最低でも10年分…」などと言われますが過去問は1年分で十分です。

とは言っても「TACスッキリの過去問コンプリート」をやった時点ですでにある程度過去問が網羅できています。

過去問には時間を計って取り組みましょう。

過去問をやる目的は時間配分の感覚をつかむことです。

過去問に関しても上記のテキスト同様、

  1. 解説を理解しながら読む。
  2. 何も見ないで「何故その選択肢が正しいのか」「何故間違っているのか」が分かるようになるまで繰り返す。

をして全く同じ問題なら100点が取れるまで完璧にしましょう。

ここまでやればもう試験当日くらいになると思います。

中途半端に時間が残っていても新たなことには手を出さずにテキストとこの1年分の過去問をひたすら復習して確実な知識としましょう。

宅建士独学1ヶ月合格に模試は不要

専門学校等では「本番と似た雰囲気をつかむために模擬試験を受けましょう」と言いますが、別に普通の学校のテストと変わらないので模試は不要です。

1カ月独学合格を目指す場合、模試の日にはまだ全範囲勉強できてない可能性もあります。

模試受けに行くより、上記の2冊と1年分の過去問をより完璧にするのに時間を使う方が合格に近づくはず。

宅建士独学1ヶ月合格時事問題の勉強方法

時事問題の勉強はyoutubeでやります。

時事問題用テキストを買っても覚えるのは大変です。

その割に時事問題自体の出題数が多くないので費用対効果的に効率が悪いです。

なので、宅建独学1ヶ月合格を目指す場合は要点のみを身につけましょう。

そこで活躍するのが、youtubeで「宅建 時事」で検索すると、試験本番1カ月前くらいから出てくる時事問題対策動画です。

ゴロを使って覚えやすく解説してくれるし動画の方が印象に残って覚えやすいです。

時事問題は常識で消える選択肢もあるので要点さえ抑えられれば解答可能です。

宅建独学時事問題の勉強はyoutube宅建独学時事問題の勉強はyoutube

暗記できるまで何回も繰り返し同じ動画をみましょう。

iPhoneでYoutube動画倍速再生するアプリ不要の方法

2016.08.19

宅建士独学1ヶ月の勉強で臨む試験本番

宅建士独学1ヶ月の勉強で臨む試験本番

ここまでやれば、試験本番も楽勝と言いたいところですが、残念ながら全く分からない問題も出てきます。

でも、焦る必要はありません。

100点取る必要はないからです。

上記の勉強方法で得た知識で解ける問題を確実に解いていれば合格点には到達できるはずです。

宅建士独学1ヶ月で合格しました

宅建士独学1ヶ月で合格した勉強方法

以上のような勉強方法で1カ月独学で宅建合格できました。

  • とりあえず宅建合格したい方
  • 10月になってまだ勉強開始してない方

も間に合うので頑張りましょう。

宅建独学1か月で合格した勉強方法

ABOUTこのブログをかいてる人

ミニマムデザインのモノが好きな神戸の26歳ミニマリスト。
余計なものは断捨離し、自分の好きなモノや事柄に埋め尽くされたスタイリッシュライフを目指している。
ぼっちで好きな場所で稼げるFXとブログが好き。
詳しいプロフィールはこちら