スタイリッシュぼっち

生活、生きる業、アイドル、株他いろいろでてくるブログメディア

宅建士独学1カ月で合格した勉強方法と体験談

   

宅建士独学1カ月で合格した方法と体験談

宅建士独学1カ月で合格した方法と体験談

スポンサーリンク

宅建士独学1カ月で合格した方法と体験談

20150920233816520

宅建独学1カ月で合格したときの勉強方法と体験談載せておきます。

ちなみに、筆者は法学部でもないし法律初学者。

宅建士独学1カ月で合格する勉強方法

宅建士独学1カ月で合格した勉強方法。
YUKI86_syukudaiganbaru15150305_TP_V

使ったテキスト

使ったテキストは2冊だけ。

いずれもTACのスッキリシリーズ。

動物たちが不動産業開業したり、役員が犯罪したり、売買したり、トラブルになったりしながらこんなときどうすればいいのかというスタンスで全範囲を網羅してくれます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

スッキリわかる宅建士(2016年度版) [ 中村喜久夫 ]
価格:3240円(税込、送料無料) (2016/8/26時点)

 

過去問も同じシリーズの過去問コンプリートというもの。

 

カナショが受験したのは2013年なので2013年版ですが、毎年最新版が出ています。

テキストは2冊を完璧に

LIG_meganekiri_TP_V

テキストは上記の2冊を最低でも2週以上はする。

  • まずは、テキスト編を理解する→
  • テキスト編に対応する過去問コンプリートを完全に理解する→
  • 次の項目に進み同じことの繰り返し。

これを1週したら

  • 2週目は問題のみを前から順番に解いていく。
  • 何も見ないで何故その選択肢が正しいのか、何故間違っているのかが分かった問題にはチェックを入れる。
  • チェックを入れられなかった問題はその場で理解するまで解説を読む。
  • 3週目はチェックの入っていない問題だけを前から順番に解いていく。
  • 2週目同様何故その選択肢が正しいのか、何故間違っているのかが分かった問題にはチェックを入れ…を全ての問題にチェックが入れられるまで4週、5週、6週と繰り返す。
  • 全ての問題にチェックが入れられたら今度はまた最初から全ての問題を解いていき、何故その選択肢が正しいのか、何故間違っているのかが分かった問題には2つ目のチェックを入れる。
  • 全ての問題に2つ目のチェックが入れられるまで4週、5週、6週と繰り返す
  • 全ての問題に2つ目のチェックが入れられたら過去問に挑戦。

過去問は1年分で十分

過去問は時間を計って本番のつもりで時間配分の感覚をつかむためにやる。

過去問に関してもTACスッキリの過去問コンプリート同様、解説を理解しながら読み、何も見ないで何故その選択肢が正しいのか、何故間違っているのかが分かるようになるまで繰り返し同じ過去問ばかりをやる。

完璧になったら次の過去問に進む。

…つもりであったが、1カ月で合格を目指しているのであればそこまで余裕はないかもしれない。

筆者は過去問は1年分しかやらなかった。

模試は不要

よく、

専門学校
本番と似た雰囲気をつかむために模擬試験を受けましょう

とか言われるけど普通に学校のテスト受けたことがあれば模試は不要。

宅建特有の雰囲気なんて特に何もない。普通のテストの雰囲気。

1カ月独学合格を目指すのであれば模試の日はまだ全範囲勉強できてない可能性もある。

模試受けに行く時間で上記の2冊か自分のやった過去問をより完璧にするのに時間を使う方が合格には近付くはず。

時事問題はyoutube

時事問題の勉強はyoutubeでやります。

時事問題用にテキスト買っても覚えるの大変だし、その割に出題数も多くないのでyoutubeで勉強した大まかな知識で選択肢を絞って消去法で解答する作戦で行きましょう。

youtubeで「宅建 時事」で検索すると、試験本番1カ月前であればその受験年度対策用のものが公開されています。

takken

受験年度のものが見つからないときは「宅建 2016(受験する年)」とかで探してみるとそのうちでてきます。(今はまだ少し時期が早くて出てきていませんが)

takken2

覚えやすい語呂をつけてくれていたりするので覚えやすいです。

それを完全に暗記するまで何回も見る。

iPhoneでYoutube動画倍速再生するアプリ不要の方法等の手法で倍速にすれば見るのに時間もかかりません。

宅建1カ月独学合格までの大まかなスケジュール

宅建合格に必要な勉強時間は一般的には初学者の場合は300時間と言われています。

だから、1カ月を30日とすれば1日10時間はやる覚悟は必要。

筆者も「1カ月で~」とはいいながら受験の申し込みだけはしていたのですが、テキスト買ったのが9月3週目くらい。

その後すぐ、7日間はテキスト持っていかないで海外旅行して帰ってからも3日間は、丸一日遊んでる日だったので実際に勉強したのは10月入ってからの3週間くらい。

その代わり、残り3週間は食べる、寝る以外は勉強。

当時、大学生で授業もほとんど取り終わっていましたが、授業中も授業は無視して宅建の勉強。

バイト中でもできる限り勉強。

時間は計っていませんが、多分、平均すると毎日8時間くらいは勉強していました。

試験本番

YUKA862_hisyoumun15210248_TP_V

試験本番、全く分からない問題が出てくるが、テキスト2冊と過去問1年分しかやっていないので当然。

わからない問題が出るのは最初からわかっていることなので一切あせらず、

確実にした知識で解ける問題を確実に解いて合格点に引っ掛かればよしとする。

100点でも合格点ギリギリでも合格したら一緒。

宅建1カ月独学合格までのマインド

マインド論は好きじゃありませんが、宅建1カ月合格した時の考え方。

短期合格を確実にするために、1カ月だけ他のことを一切切り捨てました。

試験3週間前からは基本的に携帯は持ち歩かないし見ない。

遊びはもちろん「バイト代わって~」や「サークルの仕事手伝って~」等は全て無視。

もとからぼっちなのであまり影響でませんでしたけど笑

中途半端にやって来年もまた勉強するとなると二度手間になってしまう。

来年また同じこと繰り返したくなかったら中途半端じゃなくて全力で1カ月だけ他を犠牲にしてでもやる方が楽という考え。

宅建合格した

PPO_goukakugankake-thumb-autox1600-13524

以上のようにやれば、1カ月独学で宅建合格できました。

ただし、知識はほぼ抜けて行きました。

とはいうものの長い時間かけても忘れるものは忘れるはず。

  • とりあえず宅建合格したい方
  • 10月になってまだ勉強開始してない方

に勇気と希望を与えられるような記事となれれば幸いです。

 - 自己投資