スタイリッシュぼっち

生活、生きる業、アイドル、株他いろいろでてくるブログメディア

ジモティーであった外国人とのトラブル

      2016/11/15

ジモティーであった外国人とのトラブル

ジモティーであった外国人とのトラブル

スポンサーリンク

ジモティーであった外国人とのトラブル

zimoty1
8畳でシングルベッドからセミダブルベッドに替えてみた時の話、ジモティーでベッドを外国人に売ることになり、家まで取りに来てもらった。

その時のトラブルの話。

話が伝わらない

外国人なので、日本語が伝わりづらかったのか住所を何度も聞いてくる。

4回グーグルマップ付きのメールで住所を送ったりと少し手こずったが、無事取引終了したと思ったら。

怒っている取引相手

max_ezakidsc_0300_tp_v

その1時間後、再び電話が鳴った。

何かと思って出てみると、何を言っているのか分からないが怒っている様子。

そして、近くまで来ているとのこと。

カナショ
クレームか?でも、ほぼ新品みたいな状態だし…

と思い、どのようなご用件でしょうか?と聞いても伝わらない。

とにかく来いとのこと。

日本語伝わりにくいのから仕方がないかと一旦電話を切り、メールで

どのようなごようけんでしょう?

と送ってみる。すると、

商品を受け取っていないと主張

「ベッド取りに来ました」

との返信。

再び電話がなり、

「取りに来た!まだ、ベッド貰ってません!」

と急かされる。

トラブルへの対処

結局、

“カナショ”
ベッドならさっき渡したでしょう?

と言い放って電話を切って、電源もオフにしました。

それから、メールも来ないので、放っておいた。

お礼に連絡

すると、1時間後くらいに

「ベッド無事組み立てられました。ありがとうございました。」

と返信が来ていました。

トラブルだったのか

ジモティーでのトラブル?というかとても謎な出来事。

ベッド業者か何かで、連続して、僕以外ともベッドの取引をしていたのかもしれません。

その後は何も問題はありませんが不思議。

ほとんどはトラブルなく取引が終わりますが、対面であること、住所等を知られる場合があることがジモティーの怖いところ。

一方、トラブルのような感じになったもののベッドが出品後5分で売れ、その日のうちに取引完了した速さはやはり魅力的です。

ジモティー退会

とは言いつつも、住所も知られているので、念のためジモティーは退会しました。

また何か使いたい機会に登録し直します。

ジモティーであったトラブル

何かの参考になれれば幸いです。

 - 副業, 生活