スタイリッシュぼっち

生活、生きる業、アイドル、株他いろいろでてくるブログメディア

住民税をお得に支払う方法、クレジットカード払いよりコンビニ払いがお得

   

住民税をお得に支払う方法、クレジットカード払いよりコンビニ払いがお得

住民税をお得に支払う方法、クレジットカード払いよりコンビニ払いがお得

スポンサーリンク

住民税をお得に支払う方法考えてみた

YUUKI150321200I9A4368_TP_V

住民税を普通徴収にしている人にとってはため息の出てしまう「住民税支払い期限第二期」が近付いてきました。

そこで、住民税の支払いを少しでもお得にする方法はないか調べてみました。

  • 住民税は基本的にはクレジットカード払いよりコンビニ払いか口座振替がおすすめ
  • ギリギリに支払う
  • ふるさと納税はフル活用

クレジットカード払い

クレジットカード払いは手数料がかかる

住民税は実はクレジットカードで支払える。

それを知ると

鋭い人
クレジットカードで支払えばポイントも貯まってお得なのではないか!?

という思考が働く人は多いはず、

ところが

zyuuminzei

クレジットカードでの支払いには手数料がかかってしまいます。

何に使ってもポイント還元率の良い楽天カードで払っても1%程度。

仮に10万円納付するとすれば貯まるポイントは1000ポイント。

住民税をクレジットカードで支払う場合の手数料は

482+108×5=1022円

22円損してしまうし、現金より使いづらいポイントになってしまうのでお得とはいえない。

クレジットカード払いでは領収書がない

FullSizeRender (2)

クレジットカード払いでは領収書がでません。

特に使わない領収書でも払った証拠は残しておきたい。

クレジットカード払いの隠れたメリット

PAK56_okaikeicureka20140208_TP_V

何もいいことないように思えてしまう住民税のクレジットカード払いだが、メリットもある。

それは「カードの引き落とし日まで支払いを先延ばしできる」ということ。

例えば、楽天カードの締め日は12日、8月31日利用分が実際に引き落とされるのは9月27日。

支払い期限に現金がない時に、一時的に延滞を避けることができてしまう。

コンビニ払い

zyuuminzei2
コンビニだと手数料は無料です。

ちなみに、コンビニで払うときにクレジットカードで払うという方法は使えません。

口座振替

一番合理的なやり方。

各納期の末日に勝手に引き落とされる。

前日までに納付する分の残高を残しておけばよい。

逆に、残してないと納付書が送られてくるし、追徴金がかかってしまう。

楽だからといって忘れないよう注意が必要。

zyuuminzei3

また、先に口座振替を申し込んでおく必要がある。

ギリギリに払うのがお得

IMARIC20160805210023_TP_V

以上、住民税の支払い方法で得する支払い方法(というか損しない方法)はクレジットカードの手数料を避けるということくらい。

そこで、他に取れる手段のひとつが「ギリギリに払う」ということ。

遅れると追徴されるが、先に払っても割引はない。

なので、

  • ギリギリまで銀行に置いておいて少しでも金利を受け取る
  • クロス取引(株主優待目的で一時的に株を両建てする方法)資金にする

とか現金を有効活用しきってから払うようにし、利益を放棄しないように気をつけることも取れる手段のひとつ。

これは住民税に限らずなんでも「支払い期限があって早く払うメリットがない」ときに使える共通の手口。

ふるさと納税

ふるさと納税をやっておけば来年の住民税を減らすことができる。

実際の現金を納めなくてはならないので

「来年の住民税の先払い」

のような感じになるが、お礼の品が貰えるのでやらないと損してるくらいに感じてしまう。

このブログでもいくつか紹介しているが、例えば都城市ふるさと納税大万吉豚3.55kg届いたを見て頂ければお分かり頂けるかと思いますがかなりお得。

家族構成や年収によって上限額が変わってくる

hurusatonouzeihyou

が、上限額ギリギリまで活用すれば実質2000円の負担でかなり大量の品を得ることができる。

住民税をお得に支払う方法と言っていいのか

住民税をお得に支払う方法と言っていいのか怪しいところですが、住民税払うに当たって取れる手段。

この記事が何かの参考になれれば幸いです。

 - 節約