国内証券の米国株は最終どうするのか

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

日本株と米国株比較

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

たぱぞう氏、バフェット太郎氏、三菱サラリーマン氏辺りの米国株ブロガーに影響されて今年から住信SBIネット銀行でドルを積立買いし、米国株を買い始めることにしました。

…が、楽天証券で3%のポイント還元を確保しつつ1日400円分VTIとVYMを買ってるだけで住信SBIネット銀行の米ドルは米ドルのまま定期預金にしてます。

というのも仮に株が上がってきたとしていつそれを最終的にどうやって使うのかという点がなかなか釈然としないからです。

米国株の方が期待値は高い

未来でどうなるかはともかく過去をさかのぼる限り、日本株(日経225オレンジ)と比べれば米国株(S&P500黄色、ダウ平均青)の方がインカムゲイン的な期待値が高いのは明白です。

日本株と米国株比較

なので、米国株(といってもETF)を買うことにしたのですが、

  • 高値圏にあり自分の中での購入水準(VYM利回り3%以上)にはなかなかならない
  • チャート的には三尊っぽい
  • 暴落シグナルのヒンデンブルグオーメンも点灯

してる中、「住信SBIネット銀行の米ドル定期預金2.1%もあるじゃん」と気が付き今のところいつでも米国株を買えるであろう1500ドル程度を残して残りは全て定期預金にしています。

調べた限り手数料的に最もお得な「住信SBIネット銀行で円からドルに両替SBI証券で1111ドル程度単位で購入」を継続する計画でしたが、「これ最後どうやって使うの…?」という部分が引っかかって「ドルに両替→定期預金」にとどまっています。

米国株は為替と株価両方が影響する

仮に積立投資した後利益確定したとしてもSBI証券内にあるドルを現金として出金することはできません。

また、住信SBIネット銀行に戻せばデビットカードを使ってドル決済することもできますが、外貨決済手数料がとられます。

2019年現在1年間に30回までは外貨決済手数料分のポイントが戻ってくるので実質的に手数料無料ですが、これが30年後続いているでしょうか。

手数料を許容したとしても大金をデビットカード経由でしか出金できないのは不便です。

となると基本最終的には円に戻して使うことになります。

すると今度はドル円の為替の影響を受けます。

その時株価が10%上がっていても為替が10%円高になってたら円ベースではプラマイゼロです。

まあこれは逆に得するパターンもありますし、日米の物価が今と同じかどうかというところにも損得がでてきます。

ギャンブルを避けるためにはETFを買うしかない

結局のところ将来のことは誰にもわかりません。

特に長期は全く分からないのでギャンブルとなります。

21世紀になってだいぶ経ちますが、今のところドラえもんはいません。

10年前なら感度の高い人々は気づいていたかもしれませんが、30年前スマホが普及し、シェアリングエコノミーやバーコード決済が普及するとわかっていたのはほんの一部の人でしょう。

将来のことは結局分かりません。

そんな中でできることがあるとするならば、「リスクを分散させる」ということです。

円を稼いでそれを貯金するというのは一見無リスクに見えて円に一点張りしている状態です。

日本株を買うのも現金円一点張りと比べればマシですが、結局円に張っている状態となります。

また、自分はまだ若いですが、誰がいつ事故にあうかなんてわかりません。

そうなると自身の労働力に一点張りするのもリスキーです。

米国株積立してて米国株暴落とかドル安とかになれば円ベースでみれば損した感があるかもしれませんが、それは結果論です。

これからを見据えて将来の安全性を高めるためにできることがあるとすればそれは円一点張りよりはリスク分散です。

どうするかわからないけどとりあえず買っとく

この記事を書き始めた段階では米国株積立してる人たちは最後どうするの?w

って話をしようとしてたのに書いてたら自分の中での結論がでてきました。

儲けることを目的として買うにはギャンブル感があるけど、リスク分散を目的とする場合は買わないことがギャンブルとなる。

「儲ける」「稼ぐ」っていうのは事業とか短期トレードとか別のことでやるべきことでリスク分散の意味での長期積立は全く別次元の話。

というかそもそも月10万ごときでは高配当なVYMですら税引き後には2.5%とかなので「儲かる」のはかなり先で、5年とかでは頑張る割に生活に変化はでないことでしょう。

ただ、何か大きな変動がなければ30年後には運用収益は17,536,754円です。

米国株積立30年シュミレーション

これだけあれば年金分はカバーできそうです。

それでも物価とか世界観とかが同じとは限らないから「うわ全然要らなかったww普通に毎月+10万円の生活しとけばよかった」ってなる可能性もあります。

ただ繰り返しになりますが、何も買わないのも労働力と円への全賭けだし、経済成長し続けるならなんだかんだで長期的には株の方が期待できます。

でも、南海トラフとかきて長期経済低迷とかなって自分が生きてる間にはあまり経済成長しませんでしたってことだってありえるし結局のところギャンブル性はあるけどじゃあその時円で貯金していれば大丈夫なのかというとそれもまた違う。

なので、やっぱ買う方が無難。僕はチャート的に三尊否定か暴落後「大暴落のニュース」がもう飽きられたころになったら積立開始します!

それまでは日経225オプションをコール売りしときます。