銀行口座のお得な使い分け方法

bank-tukaiwake

銀行お得に使い分けられていますか?

僕が実践している銀行のお得な使い分け方法をまとめてみました。

銀行で得したいなら手数料は1円も払うな

銀行をお得に使いたいのなら手数料は1円も払わないことを徹底しましょう。

日本の銀行金利は低すぎるので1回でも手数料を払うと一生懸命高い金利の銀行調べて、長期間預けて稼いだ金利が全て吹き飛びます。

住信SBIネット銀行で銀行手数料を無料化する

というわけで手数料を払わないようにするために使うのが住信SBIネット銀行です。

住信SBI銀行では月に数回、「他行宛て振込手数料」と「ATM出金手数料」が無料です。

無料回数は預け入れ金額等の条件によって変わるステージ毎に決まります。

ランク3になればATM利用料、振込手数料がそれぞれ月8回まで無料です。(ランク4は各15回)

SBIrank

簡単に手数料無料ランク3になる方法

ランク3までは1000円持っていればクリア可能なので難易度低めです。

SBIランク

上記の中で最も簡単なのがE。

  • 外貨預金を1円以上
  • SBIハイブリッド預金を1円以上
  • 給与振込口座に設定
  • 外貨預金、SBIハイブリッド預金を含め、総残高を1000円以上残す

これなら、1000円持ってて働いてる人なら簡単に条件を満たせます。

国内最高金利のイオン銀行に預金する

イオン銀行ではイオンカードセレクト(クレジットカード)を保有するだけで普通預金の金利が0.020%→0.120%になります。

AEONBANK

0.120%は日本国内の普通預金金利では最高です。

なので、預金はイオン銀行にします。

楽天銀行、ジャパンネット銀行、ゆうちょ銀行、三菱東京UFJ銀行は受取用口座として保有

楽天銀行はクラウドワークス、ゆうちょ銀行はA8netの受け取り用口座として利用します。

他の銀行を受け取り口座にするより極端に手数料が安く済むからです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-22-10-15-17

他にも、

  • 楽天銀行同士は手数料無料で送金可能
  • ジャパンネット銀行はジャパンネット銀行同士なら振込手数料は54円
  • 三菱東京UFJ銀行は三菱東京UFJダイレクト(ネットバンキング)同士は手数料無料
  • ゆうちょ銀行同士は送金が月3回まで無料

なので、受け取り用に保有しておくと相手にとって便利です。