ミニマリスト

モノを減らせば家賃が下がり生活全体が豊かになる

モノを減らせば家賃が下がり生活全体が豊かになる

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

あなたはどのくらいの所有物をお持ちでしょうか!?

僕はよくメディアで取り上げられるような部屋に何もないストイックなミニマリストとかではありませんが、それでもミニマリスト歴3年です。

所有物の数は一般的な人々の半分ではあると思われます。

モノが少ないことには様々なメリットがありますが、中でも家賃の低さは大きなメリットです。

モノを減らせば家賃が下がる

当たり前ですが、所有物が少なければそれを置くスペースが必要なくなります。

すると、家には人間が暮らすスペースさえあればよいことになります。

となると、モノを保管するためのスペースが要らない分狭い家で十分となります。

人間にフルにスペースを使える

現在僕は妻と二人暮らしですが、40㎡程度の物件に住んでいます。

㎡数だけでいうのであればミニマリストを名乗るほどには狭くはないのかもしれませんが、立地、築年数等を優先して選んだので広さ以外は快適です。

よくいる一人暮らしのミニマリストみたいに何もない部屋ではなく、ベッドはクイーンサイズだし、ピアノ(写真クローゼット内に設置。他にウォークインクローゼットもある為)もドレッサーもソファーもダイニングテーブルも置いています。

モノ少なめの部屋

宅配ボックスもあるし、ごみも24時間捨てられるし、オール電化でIHだし、食洗機もお掃除ロボもあれば、間接照明もつけたりもしています。

家賃が下がれば生活に余裕ができる

…が、それでも所詮は40㎡。家賃は管理費込みでもギリギリ10万円しません。

心斎橋徒歩圏内だし、通勤は自転車なので運動になるし時間もお金もかからないし満員電車に乗る必要もありません。

梅田でも自転車で行けてしまいます。

[card id=”7026″]

また、大阪の中心地なのでカーシェアリングステーションも沢山あり、車を保有する必要もないので車に関するお金もかかりません。

駐車場代のことまで考えるとタクシーの方が安いくらいです。

ってなると家賃以外の部分でもお金も時間もかからないので結果的に生活コストは低めです。

個人の可処分所得に大きく影響する固定費が低く抑えられる分旅行とか他のことにお金を使うこともできるし、貯金や投資に回すこともできます。

時間的にも仕事終了15分後には家にいます。

家賃が高くて中心地に住めないという方にはモノを減らすことをおすすめします。

モノが少ない分家が狭くてもよくなるので中心地の割には低い家賃で住むことができて、車が要らなくなったり、交通費が要らなくなったりして結果的には金銭的にも時間的にも余裕が生まれそうです。