ドルをお得に買付する方法~SBI銀行の外貨積立を開始~

SBI外貨積立で米国株購入ドルを買い付け

長期投資には米国株が向いていることが分かったので米国株を始めることにしました。

米国株を買うにはドルが必要です。

そこで、ドルをどうやって買付するか迷っていたのですが、最も無難で手数料の安い調達方法である住信SBIネット銀行の外貨積立を毎日に設定して調達することにしました。

米国株購入用のドル買付は手数料を安くすべき

SBI証券での米国株購入には円決済とドル決済が選べます。

米国株購入にSBI証券を使う理由
元々住信SBIネット銀行も使っていてSBI証券口座も持ってたからだけではなく、調べた限り「一番お得で効率もよかったから」です。

当然、円決済にすれば楽に米国株を買えるのですが、為替手数料が1ドルあたり25銭かかります。

SBI米国株円決済だと1ドルあたり25銭手数料がかかる

一方、ドル決済は自分でドルを用意する手間がありますが、住信SBIネット銀行の両替すれば為替手数料は1ドルあたり4銭で済みます。

しかも、住信SBIネット銀行~SBI証券間の外貨移動は無料でできます。

SBI外貨普通預金為替手数料

さらに、住信SBIネット銀行の外貨積立なら為替手数料は1ドルあたり2銭で済みます。

SBI外貨積立為替手数料

仮に1ドル=100円で計算してみます。

1ドルだけだと21~23銭程度の差ですが、1万ドルでは2100円~2300円の差になります。

100万円に対する2300円は0.23%なので、運用成績を0.23%下げてしまうことになります。

年間の投資利回りは5%もあれば良い方である世界における0.23%は小さくありません。

というわけで、米国株購入は円決済ではなくドルを事前に準備したうえでドル決済することがおすすめです。

一般人は外貨積立でドルを買付した方が良い

できるだけ円高のタイミングでドルを買えれば理想的ですが、一般人にはなかなかいつが良いタイミングなのか分かりません。

もっと良いタイミングが来るはずだとドルを買うタイミングを待っている間に米国株の方が買い場になってしまう可能性もあります。

待ってる間により不利なレート、株価になってしまい時間だけが過ぎていくリスクもあります。

こうしたリスクを避けるためにも為替のタイミングが分からない一般人のドル買付は外貨積立をおすすめします。

時間を分散して買えば高いタイミングにも安いタイミングにも買うこととなり、為替で得できる可能性も低くなる代わりに損する可能性も低くすることができます。

住信SBIネット銀行の外貨積立では買付頻度は毎月、毎週、毎日の3パターンから選ぶことができますが、買付頻度が細かければ細かいほど購入価格は平準化します。

というわけで僕は「毎日」5,500円買付することにしました。

SBI外貨積立で米国株購入ドルを買い付け

MEMO
毎日の買い付け金額を「5,500円」に設定した理由は米国株購入単位を逆算した為です。
為替にもよりますが、月に12万円分くらいドルを準備できると米国株購入時に手数料で損せずに済みます。米国株のお得な購入単位米国株買付単位は1111ドル以上がお得

為替を予測するのが得意な方は自分のタイミングで外貨普通預金で両替(手数料1ドルあたり4銭)してみても良いかもしれませんが、それ以外の方は手数料的にも1ドルあたり2銭と一番安いし何も考えなくてよくなりノーストレスなので外貨積立の方がよさげです。