不用品販売の時給計算してみた、バイトの方がマシかもよ

不用品販売の時給計算してみた、バイトの方がマシかもよ

不用品販売の時給計算してみた、バイトの方がマシかもよ

不用品をなくすのはいいことだらけ

要らないものを身の回りから無くすことは空間を広く使える。

それだけではない、

例えば、服が減れば、毎日どれを着るかで迷う時間も少なくなるし、

選ぶのにかかる集中力の節約にもなり仕事や勉強に使う分の集中力を温存することもできるそうです。

スティーブジョブス氏もいつもこの格好。服を選ぶ時間を人生の中から削ったそう。

一石二鳥なのには間違いないが、勿体ないマンである筆者にとっては

カナショ
捨てるとなるとまだ着れるのに勿体ない…

ってなって捨てられない。

不用品は売ればお金になる

ところが、ヤフオクやメルカリを使えば、換金化することも可能。

捨てるのは勿体ないけど売るならお金にもなるしいいかな~

と思って服を中心に500個近く不用品を販売してきました。

この話をもうすぐ引っ越す友人にしたところ、

友人
私の要らない服も売ってよ

って言われたので服50枚くらいを受け取って出品作業してたら8時間くらいかかった。

カナショ
不用品販売の時給っていくらなのだろうか…!?

もしかすると、とても無駄な行動をしているのではないかと心配になってきたのでこれを機に不用品販売の時給を計算してみることにしました。

ヤフオクで不用品販売

メルカリも一瞬使ってたけど気軽にやり取りする感じが逆に面倒なのでヤフオク使っています。

不用品販売の時給を計算

不用品販売にかかる時間

不用品販売をするときにやる作業は以下の通り。

不用品を選定する

まずは不用品を選定する作業。

やろうと思えば無限に時間が必要なのでここにかかる時間については今回は計算外にしておく。

商品写真撮影

写真は不用品販売の肝。ヤフオクで載せられるのは基本3枚まで。(yahoobox使えば7枚だけど面倒)

ぶれたり、余計なものが入らないようにスペース開けたり、照明調節したりして実物よりいい感じに写す。

Tシャツだったら表、裏、ロゴあたりの3枚を撮影。

カバンとか撮る部分が多いものは3枚以上とって置いてあとで画像編集して3枚にまとめます。

ってやってると1つ撮影するのにも2分はかかる。

採寸、状態確認

Tシャツなら着丈、肩幅、身幅、袖丈、素材を確認。

パンツ(ズボン)ならウエスト、股上、股下、裾幅、素材を確認。

一つ計ってメモしてたら2分はかかる。

キレイかどうかとかはぱっと見で判断。5秒。

出品作業

スマホで撮った写真をパソコンに送って、パソコンから出品作業。

他の人が何円くらいで売ってるかを確認するのに1分。

画像アップロードに30秒〜1分。

先ほどメモしたサイズや状況を入力し、送料設定。(送料がいくらかかるか不明な場合は送料を調べる作業もある。)

2分くらい。

売れたら取引連絡

最近は取引連絡も少なくて済む形式になったので基本は支払い完了通知が来るまで出品者側は待っていればいい。

支払いされたかの確認もわざわざやるとなるとパソコンつけたりネットバンキングにログインしたりで意外と1分30秒はかかる。

売れた不用品を探す


不用品の山の中から売れた不用品を探し出す。大まかに分けて保管してる筆者の場合でも最低3分は必要。

梱包作業

梱包

本とか小物で封筒に入れるだけならすぐ。

服とかだと大きすぎれば送料が余計にかかるし小さくても入らないので妥当なサイズの袋を探す時間も含めれば1分はかかる。

発送先入力

ヤフオクの画面に行き、発送先住所を書いたり、クリックポストに住所入力して印刷して梱包し終わった商品(不用品)に貼り付けるっていうのも3分はかかる。

郵便局に持っていく

会社の近くに郵便局があるので昼休みに出しに行く。(写真は夜だけど)

並ばなくても往復する時間も含め10分はかかる。

(ちなみに会社に大量の不用品を持っていくのも何気に重いし不格好)

発送連絡、評価

発送し終わったことを連絡し落札者の評価。スマホ開けてヤフオクの画面に行く時間もかかるので1分は必要。ここまでで終了。

その他

たまにクレーム来たらその対応にも時間が必要。

時間と言うよりはショック受けたり自分に非がない時はイラっときたり無駄な感情が他の仕事の邪魔する。

不用品販売にかかる時間合計

以上、全て足すと、不用品販売にかかる時間の合計は27.5分。(クレームは省く)

同時に何個も作業できれば出品後の作業からは1個あたりの時間はヤフオクの画面開き直したりしなくていいのでもう少し短くて済む。

利益計算

手数料


ヤフオクの手数料は

  • ヤフープレミアム代月額498円
  • 落札価格の8.64%(税込)

送料は落札者負担にもできるけどその場合は送料分上乗せした価格で売るだけだからあまり変わらない。

送料

Tシャツとかならクリックポストっていう164円で発送できるやつが安いからよく使っています。

実際の利益

仮に、1ヶ月に不用品10個売ることとし1個あたりのヤフープレミアム代は498÷10=49.8円で計算。

500円の商品の時

例えば、500円送料込みで売ったTシャツの場合。

落札手数料:500×8.64%=43.2円

ヤフープレミアム代:49.8円

利益:500円(落札価格)-43.2円(手数料)-49.8円(ヤフープレミアム)-164円(送料)=243円

繰り返しになるが、月に10個は不用品売って1個あたりのヤフープレミアム代は月額49.8円で計算した場合。
このTシャツ1枚しか売れなかったら赤字。

1000円の商品の時

1000円送料込みのTシャツを売った場合。

手数料:1000×8.64=86.4円

利益:1000円(落札価格)-86.4円(手数料)-49.8円(ヤフープレミアム)-164円(送料)=699.8円

500円の時よりかなりまし。ところが、送料が高いものになると話は変わる。

1000円の分厚いセーター売った場合。

利益:1000円(落札価格)-86.4円(手数料)-49.8円(ヤフープレミアム)-400円(送料)=463.8円

不用品販売の時給

と言うわけでデータは整ったので不用品販売の時給を計算してみます。

500円の不要なTシャツ販売の時給

243(円)÷27.5(分)×60(分)=530.2円。

コンビニでバイトする方がマシなレベルの時給。

1000円の不要なTシャツ販売の時給

699.8(円)÷27.5(分)×60(分)=1526.8円。

1000円の不要な分厚いセーター販売の時給

463.8(円)÷27.5(分)×60(分)=1011.9円。

コンビニの時給を上回るためには

逆に時給800円のコンビニバイトを上回るにはどれくらいの不用品を売ればいいのか計算してみた。

800(円)÷60(分)×27.5(分)=366.6(円)は利益が必要。

最低でも1個あたり

「利益366.6(円)+送料+ヤフープレミアム代(月間に売る個数により変動)+落札手数料」

があれば、時給800円を超えられる。

逆に言うとこれすら超えられないようであれば不用品は即座に捨ててバイトに向かうか【エコリング】みたいな買取業者に頼んだ方がマシ。

新品売る方がいい

ちょっと話外れますが、副業としてやるなら不用品より新品売る方が100倍いい。

採寸、写真、商品ページ作成が1回で済みます。

不用品販売で消耗してませんか

時給はともかく不用品50個も売ってたら私生活の時間がほとんど持って行かれてしまうので割と覚悟が必要です。

勿体無いからって売ってたらそれこそ時間が勿体無いかも。